赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

フィルム写真録 『 雪 』

赤城 沼の窪の座禅草

最近、心配事があり なかなか寝つけないでいた。 座禅草が咲き始めたよ。 夫が写真を撮りに行ってくればと声をかけてくれる。 雪の中でそっと咲く花と向き合うと 心が静かに凪いでいくのがわかった。 前橋市富士見町赤城山26-1付近(沼の窪市有林内) 2月中…

赤城 青空と雪と黒檜山

インフルエンザで体調が万全でない夫の代わりに、長男と一緒に朝の犬の散歩に出る。 気温は低いが、車のフロントガラスには霜がついていない。 起きてきた夫に「黒檜の霧氷は望めないかも…」と伝えると ちらりと外の様子に目をやり「…だね。」と答えが返って…

夫からの手紙 no.3

「ユージン・スミスの写真展、東京でやってるよ。」 「そうなんだよね…行きたいなぁ」 って話したけど、終わっちゃったね。

フィルム写真録 『 春を待つ 』

冬のスポーツは、競技のハイシーズンと受験の時期が丸かぶりだ。 大会、受験、大会、受験…というサイクル(笑) 時間がないと言いつつ、ちゃっかり大好きな読書の時間は確保する次男。 母としてしてやれることとといえば 君が好きなおやつを買っておくことと…

赤城 新雪踏みしめ鍋割山

前橋は、29cmの積雪だった。 免許取りたての長男は、これは好機と夫を教官に雪上運転の訓練。群馬に住んでいれば、必要なスキルかも。 その夫から「お母さんは、スノーシューで家の周りを歩いてくれば?」とからかわれるも「さすがにねぇ」って笑って答え…

フィルム写真録 『 在りし日 』

今はなき、木造校舎。

蠟梅を求めて歩く牛伏山

万葉集に「多胡嶺」と詠まれ、朝日岳、八束山と合わせて「吉井三山」と呼ばれる三山の主峰…牛伏山に登った。 ちなみに、ユネスコの「世界の記憶遺産」に選ばれた「上野三碑(こうずけさんぴ)」のひとつ「多胡碑」は、この地域に設置されている。 山頂近くには…

太田金山 七福神めぐり

今年の歩き初めに、太田市にある金山に出かけた。 室町時代の文明元年(1469年)から安土桃山時代の天正18年(1590年)まで「難攻不落」を誇った名城…金山城。「石垣の山城」の復元整備がされる山頂の駐車場に車を停め、歩き出した。 物見台から赤城山が、きれい…

前橋 初市

帰宅した夫が「初市、行く?」 高校受験を控えた次男は、自宅待機。 夫と長男が品定めしているまわりを、私はカメラ片手にふらふら。 すでに店じまいが始まっていて 次男がおみやげにリクエストした大判焼きを、おまけしてもらった。

フィルム写真録 『 出番待ち 』

謹賀新年 2018 今年も よろしくお願いします 昨日、「 君の名は。」を初めて観た。 大林宣彦監督の「転校生」みたいだと言ったら 息子たちは「知らない」という。 最後に長い階段が出てきて、 やっぱり新海誠監督も意識したんじゃないかって思うのは、私だけ…

The Best shots of my life in 2017

今年も、残すところ1日。 年々1年という時間が短くなっていくようだ。 40回ほど山歩きに出かけた。 去年よりペースは落ちたが、ひとつひとつの山の下調べや準備をじっくり楽しめた。 標高やルートの難しさ、有名無名…そんなことには、コダワラナイ。 歩…

八ヶ岳 スノーシューで雨池まで

2017年〆の山歩きは、今シーズン初のスノーシューで以前から行きたかった雨池へ… 日本海側では爆弾低気圧の影響で大雪、荒天候の予報。 八ヶ岳でも少し強い風が吹いていた。 スノーシューを履いて、ロープウェイの山頂駅をいざ出発。 縞枯山荘の辺りは特に風…

フィルム写真録 『 視線 』

桐生が岡動物園にて。 写真を撮り始めた頃の方が、素直かも… 古い写真をブログに載せ始めて、 忘れていた何かに気づかされる。 月刊カメラマン ’94.7 大学・一般の部 銀賞 / 同誌 ’94カメラマン大賞 同部門 三席 NikonNewFM2 タムロンSP60~300mmf3.8-5.4 …

冬桜を求めて弁天山から桜山

今年の開花は遅れているという藤岡市の冬桜が、まだ見られるんじゃないかと期待して、八塩温泉から弁天山をぬけ桜山までいくハイキングコースを歩いてみた。 駐車場が見つけられず30分ほどロスしたが、ルートは看板もあり、わかりやすい。弁天山からは、関東…

西上州 ガッツリ鍬柄岳まったり大桁山

すっかり西上州の豊かな表情に魅了された私は、「山と高原地図」のガイドブックを参考に次の山を探した。 スリルあふれるミニ岩峰の鍬柄岳とゆったり高まる大桁山の二つの個性を楽しめる西上州入門の山…そんな文言が目に留まる。 岩場の取付きで余分な荷物を…

庭   ’17.12.06

庭の落ち葉を集めて、ふと顔をあげてみれば きれいに椿が咲いていて… せっかくきれいに咲いたのだから写真を撮ってあげようねって 山でも、家でも ついつい野花や鳥を相手に話しかけてしまう。 そんな時間がしあわせだ。

残秋の桐生アルプス

桐生は学生時代に部の活動でよく訪れていたし、 卒業して就職した先も桐生で、しばらく住んでもいた馴染みの深い街だ。 今日は子供が幼い頃に家族で登った吾妻山からカッコソウ(勝紅草)で知られる鳴神山まで縦走。 桐生や足利の街並みが広がる吾妻山山頂だが…

前橋 お気に入りの場所

我家の近くに、珈琲屋ができた。 丁寧に淹れた旨い珈琲を、驚きの300円台で楽しませてくれる。 すっかり家族全員が、ここの珈琲の虜。 先日、豆を購入した際に撮影とブログへの掲載許可をもらった。 とっておきの秘密にしておきたいような ずっと続いてほし…

フィルム写真録 『 小夏日和 』

写真屋のおじさんが代表をしていた社会人の写真クラブがあった。 20代、30代の人が中心メンバーで 当時、学生だった私にとって憧れのクラブだった。 卒業したら入らないかと声をかけてもらった時は、本当にうれしくて。 でも、写真展のときは迫力ある写真…

榛名山麓夜景

伊香保のスケートリンクへ迎えに行った次男から夜景が見たいとせがまれて、 いつもと違う峠道を通ってみた。

晩秋の小野子三山を縦走する

伊香保温泉の石段から真正面に見える小野子三山。まさに「山」の漢字の象形文字のような山容だ。 右から小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳と連なっている。 計画当初は雨乞山から三山を回り林道へ下って駐車場に戻る予定だったが、午後に仕事が入ってしまったので…

フィルム写真録 『 JAZZ Session 』

ジャズもロックもフォークも 洋楽も邦楽も何でも雑多に聴く。 でも、ジャズはライヴがいい。 その空気感がいい。

西上州 晩秋の立岩を歩く

群馬県の南西部、妙義山、荒船山などを有する西上州。 秋は岩峰と紅葉との共演が美しい。 秋が終わってしまう前に、以前から行きたかった立岩へ向かった。 スリルと展望の岩峰を縦走する立岩。 歩き始めて間もなく、女性の短い悲鳴が聞こえた気がした。 ?と…

フィルム写真録 『 遊びつかれて 』

結婚をして、家族が増えて ファインダーをのぞく自分の目は変わった。 いつしか日々の忙しさの中で、 次第にカメラを手にする機会さえも減っていった。 ひとりの時間が持てるようになって 普段はプレゼントなんてしない夫が1台のカメラをくれた。 ふたたび…

秋空に富士を望んで歩く大菩薩嶺

富士山を眺めながら山歩きがしたい…他の方の山ブログを読みながら、去年よりぼんやりそんな願いを持っていた。 しばらくぶりの山歩き。今年も残り2ヶ月となり、どこでそれを叶えようか…そう考えて真っ先に頭に浮かんだのが大菩薩嶺だった。 今夜は父と長男…

フィルム写真録 『 雨 』

山、恋し。

フィルム写真録 『 白 to 黒 』

私が学生だった頃、敷島公園にあるバラ園の池には白鳥と黒鳥がいた。 長巻フィルムのネオパン400を必死に巻いて 部から借りたNikonFMのピント合わせの練習をしに何日も通った。 フィルムをリールに巻くのが、また難しくて… 現像してみたらフィルム同士がくっ…

庭   ’17.10.23

よく言えば、野趣みのある、 みっともなくない程度にしか手入れをしない私の庭。 実は最近、星に悩まされていた。 いろいろ思うところもあって、いつも同じ数だけ星をつけているのに スマホから操作すると、いつの間にか、つけたはずの星が減っていたりする…

赤城 落ち葉を踏みしめ歩く黒檜山から駒ケ岳

秋雨前線の切れ間、午後からは再び下り坂になるというので歩きなれた赤城山を訪れた。 前回は外輪山巡りで先を急いだため、今日はのんびり。 紅葉は長雨で散ってしまったのか、すでに終盤だ。されども白樺の美しい木立や、わずかに残る紅葉の葉を眺めたり、…