読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

尾瀬 鳩待峠~山ノ鼻~ヨッピ橋~竜宮

f:id:JKazy:20151008120128j:plain

谷川を巌剛新道から登ろうと友人と計画していたが、台風の影響を考え急遽行き先を尾瀬へ変更した。平日だから道もすいている。

鳩待峠に降り立つと、風が思っていたより冷たかった。雲が澄んだ秋空をどんどん流れていく。

f:id:JKazy:20151008225440j:plain

山ノ鼻に向かう道は淡い黄色のグラデーションの森。立山や赤城とも違う。まるで、絵本の中を歩いている気分だ。

f:id:JKazy:20151008121752j:plain

f:id:JKazy:20151008231900j:plain

楓や蔦が控えめに赤色を添える。やわらかい、やわらかい日差しに身をつつまれる。

f:id:JKazy:20151008123911j:plain

f:id:JKazy:20151008225727j:plain

尾瀬ヶ原は草紅葉で一面覆われていた。雨が多かったからだろう…池塘が以前来た時よりも数も水も多いような気がする。

黄色に染まった湿原に空の色を映してキラキラ光る水面は、風景をより表情豊かに演出していた。

f:id:JKazy:20151008180613j:plain

f:id:JKazy:20151008225923j:plain

ヒツジグサが風に波立つ水面をゆらゆら…のどかな景色を重い背負子の青年が黙々と歩いてゆく。

f:id:JKazy:20151008130138j:plain

f:id:JKazy:20151008130313j:plain

f:id:JKazy:20151008130351j:plain

なかなか頭を出さない燧ケ岳が、ほんの一瞬全容を見せた。

f:id:JKazy:20151008130630j:plain

f:id:JKazy:20151008132657j:plain

f:id:JKazy:20151008230116j:plain

竜宮でお昼を食べたら既に午後1時近くにもなっていた。美しい景色に後ろ髪を引かれながら早足で鳩待峠へ戻る。うっすらと汗ばんだ体を花豆ソフトが冷却する。

このソフト、うますぎる…