読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

赤城 鍋割山~荒山

f:id:JKazy:20151203184101j:plain

何年ぶりに鍋割山を訪れただろうか…いつもは箕輪から入山していたが、今日は国立赤城青少年交流の家近くの鍋割山登山口から入った。午前中は晴れる予報が、空は一面雲が覆っている。

f:id:JKazy:20151203184819j:plain

鍋割山頂で数組の登山者に行き会うが、眺望がなく皆足早に通り過ぎていった。友人とルート変更も考えたが、ひとまず荒山へ向かうことにした。

夏はあんなに青々と生い茂っていた熊笹が金色になり、黒土の登山道を鮮明に浮き上がらせている。

f:id:JKazy:20151203185538j:plain

 荒山に向かう途中で、イワヒバリに出会う。写真を撮りながら少しづつ距離を縮めるも、逃げない。少しはにかんだように、美しい背中を披露してくれた。

f:id:JKazy:20151203185608j:plain

荒山山頂手前で昼食を摂っていると、雲の中に太陽の姿が見え隠れ。時折、青空と帰路の尾根道が姿を見せる。

f:id:JKazy:20151203201521j:plain

先日の雪が残っている。日本的な情感が理由なく美しいと私に訴えてくる。f:id:JKazy:20151203202445j:plain

山頂に立つと、待ち構えていたかのように青空が広がった。この一瞬のために用意された曇り空だったのか…何処からか誰かに見守れながら歩いて来たかのようだ。

f:id:JKazy:20151203202547j:plain

荒山から棚上十字路を抜け、長い下りをゆく。静かな心地のいい森だ。ツツジシャクナゲの季節も美しいに違いない。何度も訪れたい…そんな気にさせる山歩きだった。

f:id:JKazy:20151203203744j:plain

<今日のルート>

鍋割山登山口8:57~鍋割山頂10:15/10:35~荒山高原11:11~荒山急登前11:50/12:15~荒山山頂12:40~庇岩13:00~休憩舎13:11~棚上十字路13:47~荒山登山口14:26