読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

赤城 家族で過ごす休日

f:id:JKazy:20160814224207j:plain

7年前から地元のロボコンに家族で参加している。今年で8回目のエントリーだ。息子達の成長とともに、ロボットらしくなってきた。今や私は、雑用係。助け舟を求められた時だけ口や手を出していた夫も、出番がめっきり減ってしまい、彼は朝からカレー作りにいそしんでいる。

f:id:JKazy:20160814224307j:plain

本番を1週間後に控えた今日、ようやくロボットがほぼ完成した。試運転したいが、あいにく今日は練習台が使えない。駅伝部の朝練を終えた次男が帰宅する。久しぶりに、家族が1日一緒にいられそうだ。

f:id:JKazy:20160814224401j:plain

どこかに出掛けるにも、お盆休みの今日は混んでいるだろう。帰りの渋滞を想像するとますます出掛ける気分は失せてしまう。「ならば、赤城へ」夫の決まり文句。誰からも反論は出ない。

新坂平を過ぎたあたりで「お母さんは、歩いて小沼に行く?」と夫が言うので、大洞で車を降り地蔵岳を登る。登り始めて、夫の提案が冗談だったのではと気づき苦笑い。それでも、久しぶりの山道に足どりは軽い。

山頂で雲海を見下ろし、小沼方面へ下る。

f:id:JKazy:20160814224458j:plain

小沼に出ると、夫と息子達が犬を水遊びさせていた。「はな」が満足そうに報告にやってくる。

f:id:JKazy:20160814224526j:plain

夫が朝から仕込んでいたカレーを昼食に頂く。一升炊きの炊飯器が、山の景色の中でシュールだ。最後のご飯をどちらが食べるか長男と次男がもめている。普段「うるさい」と思ってしまう光景が、何だかとても幸せな時間に思えた。

f:id:JKazy:20160814224605j:plain

昼食を終えると、いつの間に用意したのか将棋盤を前に次男が「お母さん、一勝負!」。長男に将棋で負けだした時、悔しくて勝ち方を「こまお」で研究した。かろうじて、次男に勝利。しかし、詰め切るまでに時間が掛かり、次男の成長を感じられる一勝負となった。追い越されるのも、時間の問題か…

f:id:JKazy:20160814224652j:plain

大沼に移動して「はな」を水遊びに誘うが、あえなく撃沈。

f:id:JKazy:20160814224743j:plain

手漕ぎボートで息子達が湖面へ滑りだす。今日は今夏一番の賑わいだという。夕方になっても数々のボートが漂っていた。

f:id:JKazy:20160814224828j:plain

「ゆず」はペットショップでの生活が長かったせいか、ウチに来た時は目がするどかった。今ではとろけるような笑顔を見せてくれる。

f:id:JKazy:20160814224859j:plain

波内際で戯れる親子。昔を懐かしみ、シャッターをきる。

その先に息子達が帰ってくる姿が見えた。あと何年、君達は私達の傍にいるのだろう。旅立ちの日は、そう遠くない。

f:id:JKazy:20160814225009j:plain

プレジャーボートに乗った男3人が、戻ってくる。「ゆず」がしきりと「僕はここだよ」と尻尾を振っている。

f:id:JKazy:20160814225047j:plain

赤城県道をくだる途中に「焼きもろこし¥300」の文字。思わず立ち寄り、頬張ってみる。ん~、炭火で焼いたもろこしに、たまり醤油…くせになりそうだ。

f:id:JKazy:20160814225208j:plain

<今日のルート>

大洞側登山口12:20~地蔵岳山頂12:55/13:04~八丁峠側登山口13:21