読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居を構え、写真を撮りながら、ゆったり、のんびり山歩き

草紅葉が彩る蝶ヶ岳 1日目

f:id:JKazy:20160916013123j:plain

今週は天気が悪いと高を括ってボルダリングをしているところに、山友から「木曜日、どうにか晴れそうなので越後駒ケ岳を狙ってます」とLINEがはいる。

もともと蝶ヶ岳常念岳の縦走を予定していた。諦めていた気持ちが頭をもたげる。

f:id:JKazy:20160916014044j:plain

天気予報を確認すると、水曜日は曇り、木曜日は晴れのち曇り。家の事、仕事の事、頭をフル回転。連休を返上すれば、1泊2日なら何とかなる。蝶ヶ岳だけでも…。家族が寝静まった後、荷造りをしているとカメラにレンズフードがしてあった。夫だ。感謝を込めて出掛けに小声で「いってきます」と言うと、同じく小声で「気をつけて」と返ってきた。

f:id:JKazy:20160916013932j:plain

意外にも、三股駐車場はガラガラだ。シルバーウィーク直前の平日。しかも、また台風が近づいているとなれば当然ともいえる。

霧雨の中、雨支度をすませ歩き出した。

f:id:JKazy:20160916014136j:plain

「まめうち平」まで来ると、時折青空がのぞくようになる。登山道では、誰にも会わない。いくら平日でも、こんな事もあるのかと少し驚きながら歩く。静かな山の道。

f:id:JKazy:20160916014248j:plain

蝶ヶ岳ヒュッテまで残り1km位のところから常念岳が姿を現し、寝不足で疲れ切った体に何よりのパワーをくれた。

f:id:JKazy:20160916014403j:plain

小屋の脇をぬけると、目の前に穂高連峰の威風堂々とした姿が目の前に広がった。そして、槍ヶ岳。あぁ、来てよかった…

f:id:JKazy:20160916014534j:plain

宿泊の手続きを済ませ、サブバックをもって散策に出掛ける。明朝来る予定の蝶槍まで、疲れを忘れてあっという間に来てしまった。しばし、蝶槍の上を独占して槍ヶ岳と対峙する。

f:id:JKazy:20160916014641j:plain

明日もまた来ようと、蝶槍を離れた。小屋へ戻る道から丸みを帯びた優しい蝶ヶ岳の姿が、私の心をほぐしてくれる。

小屋の傍では、イワツメクサがひっそりと咲いていた

<今日のルート>

前橋5:20~高崎IC~小諸IC~三股駐車場8:45~三股9:00~まめうち平10:25/10:40~昼食休憩15分~蝶ヶ岳13:35