読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居を構え、写真を撮りながら、ゆったり、のんびり山歩き

草紅葉が彩る蝶ヶ岳 2日目

f:id:JKazy:20160916025153j:plain

夜明けを見ながらコーヒーを飲もうと起きだしてきたものの、外は小雨がぱらついていた。燕岳まで縦走する予定だという神戸から来た女性のグループが、出発の準備に追われている。

f:id:JKazy:20160916024656j:plain

f:id:JKazy:20160916024909j:plain

彼女達が出立する頃には、雨も上がってきた。

私は自炊コーナーで早々と朝食をすませ、コーヒーを飲みながら外の様子をうかがっていた。空は、徐々に明るさを増している。

f:id:JKazy:20160916025522j:plain

f:id:JKazy:20160916025416j:plain

私も下山の準備をして、ザックを小屋脇に置いた。

サブバックを持って、蝶槍へ。雲海から憧れの八ヶ岳、7月に登った北岳が顔をのぞかせている。

f:id:JKazy:20160916025311j:plain

静かな夜明けだ。華やかさこそないが、ほんのりと紅をさす雲は趣がある。

山々がゆったりと目を覚ましだす。

f:id:JKazy:20160916025053j:plain

f:id:JKazy:20160916024956j:plain

今朝も蝶槍を独り占めだった。

岩に腰を下ろし、誰もいない大自然の中で呼吸もゆっくりになる。

イワヒバリの綺麗なさえずりを聞きながら、槍ヶ岳の刻々と変化する姿を静かに見つめた。

f:id:JKazy:20160916025643j:plain

蝶槍から続く登山道の先には常念岳…。

「来シーズン、きっと訪れます」

f:id:JKazy:20160916025746j:plain

30分程そうしていたが、誰一人として通り過ぎることもなかった。まだまだ槍ヶ岳を眺めていたかったが、そろそろ自分も下山を開始しなければと腰をあげる。

縦走も憧れるが、こうして山でゆったりと過ごす時間も捨てがたい。

f:id:JKazy:20160916025608j:plain

小屋にもどると、ほんのりとピンク色に穂高岳が染まっていた。

f:id:JKazy:20160916025828j:plain

昨日は、登り始めに雨が降っていたので写真を撮らずに上がってきた。登山道脇に花は少ないが、きれいな赤い実が秋の彩を添えている。

f:id:JKazy:20160920114657j:plain

f:id:JKazy:20160920114837j:plain

f:id:JKazy:20160916032514j:plain

f:id:JKazy:20160916032547j:plain

これは、実なのか?花なのか?

f:id:JKazy:20160916032627j:plain

三股から蝶ヶ岳を登るなら、君にご挨拶をしないとね。

f:id:JKazy:20160916032728j:plain

f:id:JKazy:20160916032804j:plain

沢の音を聞きながら森を歩くのも好きだ。

ひんやりとした空気が、肺の奥まで染み渡る。 

f:id:JKazy:20160916032840j:plain

ウラベニダイモンジソウかと思ったが、長い花びらが1枚しかなく「大」には見えない。違う花なのか?

最後まで、わからず…

f:id:JKazy:20160916032924j:plain

清楚なセンジュガンピ。

f:id:JKazy:20160916032957j:plain

f:id:JKazy:20160916033029j:plain

舟形の苞から可愛らしい姿をのぞかせるツユクサの撮影が、今日の山旅の締めくくりだ。

諦めかけていた私の背中を押してくれた山友に、送り出してくれた家族に、そして山で出会った人達に…感謝で心をいっぱいにして帰路についた。

 

<今日のルート>

蝶ヶ岳ヒュッテ5:30~蝶槍6:20/6:50~蝶ヶ岳ヒュッテ7:30/8:05~まめうち平10:23~三股11:35~駐車場11:50~高速を使わず一般道で~前橋16:00頃

 

花の名前を勉強中です。間違いなどお気づきの際は、どうか教えてください。

よろしくお願いします。