読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

八ヶ岳 スノーシューでいく北横岳

f:id:JKazy:20170324221454j:plain

新しく取り入れたスノーシューの脱着、足さばきなどが慣れてきたので、今シーズンの本丸のひとつ北横岳へスノーシューハイクに出かけた。

天気は午後から回復する予報だった。北八ヶ岳ロープウェイには乗らず、のんびり山麓駅から歩いて行くことにする。ヒールリフトを立てて、いざ出発。

f:id:JKazy:20170324221541j:plain

雪が舞う。

3月下旬に、こんなにも良い雪質の中を歩けるとは、正直思っていなかった。踏みしめるたびに、ぎゅっぎゅっと心地よい音。静かな水墨画の世界。

f:id:JKazy:20170324221628j:plain

気持ちよさそうにシュプールを描くスキーヤーの横で、最後の急坂を登りつめれば山頂駅に着く。この頃には、時折青空も見え始めた。

ロープウェイで上がってきた数組のハイカーも、同じ北横岳に向かうようだ。

f:id:JKazy:20170324221705j:plain

北横岳ヒュッテは閉まっていたが、外のベンチを借りて簡単に昼食をとる。甘く温かいココアが、格別に美味しく感じられた。

f:id:JKazy:20170324221815j:plain

山頂も、さほど風は強くなかった。厚く覆っていた雲が少しずつ切れ初め、山々が顔をのぞかせる。何度もカメラを取り出しては撮影し、なかなかその場を離れられない。

f:id:JKazy:20170324221951j:plain

南八ヶ岳の全容が現れた頃、そろそろタイムリミットだ。下山を開始する。

f:id:JKazy:20170324222043j:plain

先を歩いていた若い男女が足を止め、何かを見上げている。少し離れたところで足を止めた私に男性が手招きをするが、私が歩き始めた途端バサバサとホシガラスが飛び立ってしまった。

f:id:JKazy:20170324222158j:plain

山頂駅から下山はロープウェイを利用した。

ここを歩いて上がったんだ…見下ろす景色に満足感がこみあげる。

f:id:JKazy:20170324222255j:plain

f:id:JKazy:20170324222354j:plain

帰り道、今日一番の景色が見え、車を停める。

山頂で会った大阪から来たというソロの女性。彼女のために、明日も天気が続くといいな…そう思いながらシャッターを切った。

f:id:JKazy:20170324222507j:plain

 

 

<今日のルート>

山麓駅9:20~山頂駅11:05~北横岳ヒュッテ12:07/12:25~南峰12:45/12:50~北峰12:55/13:00~南峰13:05/13:15~北横岳ヒュッテ13:25/13:30~山頂駅14:05~ロープウェイで山麓

北八ヶ岳ロープウェイ 片道券 1,000円