赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

紺碧の空に純白の谷川岳

 

2019/2/22

 

f:id:JKazy:20190223201316j:plain

 

 

この冬に予定していた雪山はどこも雪が少ないようなので

今シーズン2度目の谷川岳へ。

 

 

f:id:JKazy:20190223201435j:plain

 

 

走らせる車の窓から澄み渡る空にクリアに浮かぶ谷川岳の姿を確認する。

今日は、どうか登頂するまで…そんな期待に胸を躍らせた。

 

  

f:id:JKazy:20190223205922j:plain



紺碧とは、こんな空の色なのではないか…

標高が上がるにつれ、その色は深さを増し

その先の宇宙さえ感じるほどだ。

 

 

f:id:JKazy:20190223201914j:plain

 

 

時間とともに生まれた雲が空に表情を作り出し

幾重にも押し寄せる波のように続く山々は、地平線へと溶け込んでゆく。 

 

 

f:id:JKazy:20190223202048j:plain

 

 

春を思わせる日差し。

 

 

f:id:JKazy:20190223202144j:plain

 

 

樹氷は溶け出し、水晶のような輝きを放つ。

 

  

f:id:JKazy:20190223202404j:plain

 

 

谷川連峰主脈の先に、苗場山

山頂の湿原はどんな様子だろうかと友人がつぶやく。

天空の湿原は雪原となり、春を迎えキラキラと輝きだす様子を想像した。

 

 

f:id:JKazy:20190223202659j:plain

 

 

自然が生み出す造形は、あるがままを受け止めながら美しい。

あるがままが、美しい。

 

 

f:id:JKazy:20190223202752j:plain

 

 

オキノ耳に向かう人々。

よく見れば、谷底へ向かってシュプールが…

 

 

f:id:JKazy:20190223202834j:plain

 

 

もう、なんて表現すればいいのかわからないよ…

 

 

f:id:JKazy:20190223203005j:plain

 

 

 

 

f:id:JKazy:20190223203037j:plain

 

 

オキノ耳側からトマノ耳。

 

 

f:id:JKazy:20190223203109j:plain

 

 

トマノ耳はギリシャ彫刻のレリーフのようだ。

 

 

f:id:JKazy:20190223203201j:plain

 

 

天子の羽か波打つ衣のよう…とても繊細だ。

 

 

f:id:JKazy:20190223203934j:plain



下山を開始する頃、暖かな日差しに溶け始めた雪が

ぬるっと怪しげな光を放し始めていた。

 

 

f:id:JKazy:20190223203322j:plain

 

 

あまりの美しさに、その場を離れがたく

下山を開始してもなお振り返り、また振り返り…

 

 

f:id:JKazy:20190223203417j:plain

 

 

また、会えるかな。

こんな日に。

 

 

f:id:JKazy:20190223203508j:plain

 

 

谷に一筋の光が差し込んでいた。

 

また、会いに来よう。

次に見せてくれる表情を楽しみにして。 

 

 

 

 

 

<今日のルート> 

 

 

 

 

 

 

西上州 氷瀑の早滝と赤久縄山

2019/2/11

 

 

f:id:JKazy:20190211235209j:plain

 

 

西上州 赤久縄山(あかぐなやま)の登山道脇にある早滝が冬季氷結すると知り

ワクワクドキドキしながら訪れたが、既に上部は崩落し消失していた。

 

 

f:id:JKazy:20190211235733j:plain

 

 

氷に閉じ込められた落ち葉が再び姿を現し始めた様子や

 

 

f:id:JKazy:20190211235823j:plain

 

 

瑞々しく光り輝く水草に命の逞しさと美しさを見る。

 

 

f:id:JKazy:20190211235922j:plain

 

 

久しぶりに撮影できた野鳥は、ゴジュウカラ

 

 

f:id:JKazy:20190212000005j:plain

 

 

落葉が敷き詰められた急登の登山道を登りつめ尾根に出ると

これから向かう赤久縄山の美しい姿。

 

 

f:id:JKazy:20190212000248j:plain

 

 

山頂からは東西御荷鉾山…なんか可愛い姿だな ♪

 

 

f:id:JKazy:20190212000323j:plain

 

 

西上州の山に派手さはないけれど

山本来の姿に触れられるような感じがする。

 

 

f:id:JKazy:20190212000404j:plain

 

 

生まれる命と

 

 

f:id:JKazy:20190212000438j:plain

 

 

土に帰ってゆく命。

 

 

f:id:JKazy:20190212000528j:plain

 

 

そして

 

 

f:id:JKazy:20190212000607j:plain



誰かの命の中で昇華する命。

 

 

 

 

 

 

<今日のルート>

 

 

赤城 素敵な出会いとアイスバブル

 2019/1/31

 

 

f:id:JKazy:20190201112957j:plain

 

 

今シーズン中に谷川岳へ再訪しようと考えていたところ

一緒に行きませんかとお誘いがあり

顔合わせも兼ねて、歩きなれた赤城山へ。

 

 

f:id:JKazy:20190201112907j:plain

 


しばらくソロで歩くことが多かったから

本当はドキドキで。

 

 

f:id:JKazy:20190201113029j:plain

 

 

ふたりは素敵でカッコイイ山女さん。

同じ40代とあって、意気投合!

 

 

f:id:JKazy:20190201113137j:plain

 

 

見慣れた景色も誰かと感動を共有すると新鮮で

大好きな景色を誰かと見るってこんなに楽しいのかなって

ソロはソロで好きだけど、今年はこんな出会いも大切にしていきたいな。

 

 

f:id:JKazy:20190201175349j:plain

 

 

双耳峰の筑波山

 

 

 

f:id:JKazy:20190201113301j:plain

 

 

はてなブログ「のぼるひと」のディーアイさんが

良い山仲間に出会いたければ

まずは技術面においても精神面においても

自分が良い山屋になることだと。

 

その考えにとても共感して

私はこのふたりの良き山仲間でいられるように

自分のスキル磨きたいと思った。

 

 

  

f:id:JKazy:20190201113354j:plain

 

 

下山後、アイスバブルを求めて大沼へ…

 

  

f:id:JKazy:20190201113707j:plain

 

 

中心部に大きいアイスバブルがあると聞いて

3人ではしゃぎながら行ってみた。 

 

 

f:id:JKazy:20190201113431j:plain

 

 

 

f:id:JKazy:20190201113517j:plain

 

 

 

f:id:JKazy:20190201113612j:plain

 

 

 

 

f:id:JKazy:20190201114018j:plain

 

 

何度見ても、やっぱり神秘的。 

 

 

f:id:JKazy:20190201113835j:plain

 

 

最後に、赤城神社へ参拝。

 

 

f:id:JKazy:20190201114218j:plain

 

 

素敵な出会いに感謝。



 

 

 <今日のルート>

 

 

 

 

 

 

 

穏やかな日常 2019.1.19

 

f:id:JKazy:20190119234101j:plain

 

 

前回の足は、長男。

今日は、次男。

 

 

f:id:JKazy:20190119234141j:plain

 

 

ぬおっ…

僕もかまって!っとばかりに、甘ったれ「ゆず」登場。

 

 

f:id:JKazy:20190119234342j:plain

 

 

そして、まったく動じない「はな」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jkazy.hateblo.jp

 

 

赤城 雪の外輪山巡りと大沼横断

2019/1/20

 

f:id:JKazy:20190120214250j:plain

 

今年もよろしくお願いしますと

赤城山へ新年の御挨拶。

 

f:id:JKazy:20190120215148j:plain

 

今年は雪が少ないと毎年のように言っている気がする。

こうなると、この状況が常態化しているのではないかと思う。

赤城山で雪山遊びができなくなる日がくるのだろうか。

それは、困る。大変、困る。

 

f:id:JKazy:20190120215257j:plain

 

数年前の大雪を思い出す。

あの年も暖冬で、2月中旬に2度続けて雪が降ったんだ。

あの時は子供たちが出場するスケートの大会で

長野から帰ってこられなくなり、本当に大変な思いをしたんだよね。

 

f:id:JKazy:20190120215358j:plain

 

数日前に、地元紙である上毛新聞で

赤城の氷結した大沼に閉じ込められた水泡について書かれた記事があった。

 

f:id:JKazy:20190120215640j:plain


アイスバブルと呼ばれるその気泡は、湖底から発生するメタンガスの泡が湖面にたどり着く前に凍りついてできる自然現象で、今年は雪が少ないため氷が鏡のようになりよく見られるのだとか。

 

f:id:JKazy:20190120215810j:plain

 

私たちにとって大変な自然現象も

地球にとってはクシャミかちょっと風邪をひいたぐらいのことで

 

f:id:JKazy:20190120215846j:plain

 

人は自分たちが住みにくくなると

それは問題だ、大変だと騒いでいるだけのことではないのかと

山をひとりで歩いていると考えてしまう。

 

f:id:JKazy:20190120220014j:plain

 

実は泳ぎが苦手な私。

沼を横断するなんて今日の今日まで思いもよらなかった。

 

f:id:JKazy:20190120220128j:plain

 

でも、この地球からの声のような現象を

見ておかずにはいられなかったんだよね。

 

f:id:JKazy:20190120220339j:plain

 

自分にできることって

きっと気休め程度にしかならないだろうけど

この年になって

丁寧に日々を過ごそうと決めて

そういうことが、本当に気休め程度にしかならないのかもしれないけれど

やっぱり

自然や家族に感謝して

日々を大切に生きていくことが

自分にできる唯一のことなんじゃないかと思うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

<今日のルート>

 

 

 

 

jkazy.hateblo.jp

 

jkazy.hateblo.jp

 

jkazy.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

雪の谷川岳

2019/1/13

 

f:id:JKazy:20190114144256j:plain

 

鳳凰三山で知り合った女性と約束の再会を果たした。

目指すは、雪の谷川岳

降り立った天神平からは、美しく雄大白毛門。

あの山にも、いつか雪の季節に訪れたい。

 

f:id:JKazy:20190114150155j:plain


残念ながら、谷川岳山頂は雲がくれ。

 

f:id:JKazy:20190114144441j:plain

 

谷川岳には何度も訪れているが、雪の季節に訪れたのは初めてだ。

目に映るすべての景色が新鮮に感じる。

 

f:id:JKazy:20190114144553j:plain

 

トマノ耳で視界ゼロのため、オキノ耳は再訪の楽しみに取っておくことにした。

肩の小屋でしばしの休憩をし、下山。

風に吹きあがる紛雪。その中から時折、稜線が美しく浮かび上がる。

 

f:id:JKazy:20190114144658j:plain

 

谷川岳は、雲が生まれる場所。

生まれた雲は風に乗り、空の表情を目まぐるしく変化させる。

そして、真っ白な雲の間から現れる空は

どこまでも青い。

 

f:id:JKazy:20190114144741j:plain

 

もう下山も終盤といったところ

薄い雲がプリズムとなり太陽の光が反射して

虹色のカーテンが生まれては消え、生まれては消え…

 

私たちは、しばらくその様子を目に焼きつけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

<今日のルート>