赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

北アルプス 室堂から欅平 3泊4日

2019/8/11~8/14

 

 

昨夏、雷鳥沢で夫と次男と私でテント泊をした時に

10数年前まで夫が毎年のように撮影に通っていた仙人池まで次は行こうと話していた。

オープンキャンパスや部活の合宿で次男の都合が合わず話が流れそうになったところ

息子達からお父さんとお母さんで行って来なよと提案があり

テント泊を小屋泊にして計画を実行することにした。

 

 

f:id:JKazy:20190816155455j:plain

 

 

前日は立山駅の駐車場で車中泊

駐車場からケーブルカーの駅に抜ける地下道ではコウモリ君がお出迎え。

 

 

f:id:JKazy:20190816155534j:plain

 

 

ケーブルカーの始発便に午前4時から並んで、何とか滑り込みセーフ。

美女平で乗り継いだバスの車窓から、ひと際目を引く剱岳の姿。

これから始まる山歩きに期待がふくらむ。

 

 

f:id:JKazy:20190816155628j:plain

 

 

みくりが池は深い翡翠色をして、次男と歩いた立山三山を映している。

去年はあいにくの天気だったから、この姿を次男にも見せたかったな…

 

 

f:id:JKazy:20190816155733j:plain

 

 

子供たちが幼かった頃に歩いた地獄谷のルートは今年も立入禁止になっていて

風に乗って温泉たまごのような硫黄の匂いを漂わせていた。

 

 

f:id:JKazy:20190816155837j:plain

 

 

1日目の山場。

別山乗越まで照りつける日差しの中で僅かな日陰を見つけては一息入れ、登り上げる。

そこには岩の表情ひとつひとつまで確認できるクリアな剱の姿があった。

 

 

f:id:JKazy:20190816155913j:plain

 

 

剱沢に向かって流れるようなカールの曲線美!

 

  

f:id:JKazy:20190816160047j:plain

 

 

奥大日、大日岳へと続く稜線も気になるなぁ…

 

 

f:id:JKazy:20190816160132j:plain

 

 

いざ、剱の懐へ!

 

 

f:id:JKazy:20190816160229j:plain

 

 

気持ちいい~♪

 

 

f:id:JKazy:20190816160325j:plain

 

 

ぐんぐん剱が近づいてくる。

 

 

f:id:JKazy:20190816160448j:plain

 

 

10年程前、家族でこのテン場に来た時の記憶といえば

ゴロゴロの岩場でなかなか寝られなかったことと

バカでっかい月(おそらくスーパームーン)が昇ってきて

昼間のように明るい夜に子供たちと驚きの声をあげたこと。

 

あの頃よりテン場の岩ゴロゴロ感がなさそうで、今なら快適に寝られるような気がした。

夫は気のせいだって言うけどね。

 

 

f:id:JKazy:20190816160546j:plain

 

 

ここから先、私にとっては初めての道。

 

 

f:id:JKazy:20190816160629j:plain

 

 

そして、初めての雪渓歩き。

 

 

f:id:JKazy:20190816160720j:plain

 

 

ついつい足を止めて写真を撮り

慌てて夫を追いかける。

 

 

f:id:JKazy:20190816160811j:plain

 

 

私はビビリハイカーだから

剱岳に登りたいとは今までもこれからも思わないだろう。

しかし、その剱岳に惹きつけられてやまない人の気持ちはわかるような気がする。

 

この日も八ツ峰かチンネかアタックを終えたクライマーが

剱沢に戻っていく姿があった。

その顔は疲労と幸福に満ちていてた。

 

 

f:id:JKazy:20190816160849j:plain

 

 

雪渓をなぜてくる風はひんやりと冷たく

火照った体に心地いい。

 

雪渓から上がった後の夏道は、崖崩れ跡についた踏み跡程度のトラバース。
今回のコースの中で一番気を遣う場所だった。

真砂沢ロッジについて、緊張から解き放たれる。
夫や同宿の方々と飲んだビールは最高に美味しかった。

 

 

f:id:JKazy:20190816160926j:plain

 

 

夜は思いのほか暑く午前2時頃にはすっかり目が覚めてしまった。

生水のまま飲まないようにと注意書きがあったので日中用に水を煮沸消毒しながら

月が沈んだあとに広がった満天の星空を見上げると

ペルセウス座流星群の流れ星が時折夜空を駆けていった。

 

朝焼けの空を撮影して朝食をとり

予定より1時間早く出発。

 

 

f:id:JKazy:20190816161009j:plain

 

 

ハシゴ谷乗越から黒部ダムへ続くルートへの分岐で河原に降り

珈琲を淹れて飲んだ。 

 

小屋で朝食の片づけをして、もう一度ここで湯を沸かすのは二度手間だが

自然の中で味わう珈琲の美味しさは格別で、その手間をさえ幸福だ。

 

 

  

f:id:JKazy:20190816161046j:plain

 

 

雪解けの水はどこまでも澄んでいて美しい。

 

 

f:id:JKazy:20190816161138j:plain

 

 

沢から離れ540mほど仙人新道の急登で標高を上げる。

じりじりと照りつける太陽にむかって

歩くときは雲に隠れていてほしいと身勝手なお願いをしながら

時折、谷から上がってくる風に一服の涼を得る。

 

稜線上に仙人池ヒュッテの赤い屋根が見え、足取りが僅かに軽くなった。

 

 

f:id:JKazy:20190816161232j:plain

 

 

仙人池ヒュッテでは、夫が以前一緒に写真を撮り歩いた方が手伝っていて

思い出話に花が咲いたようだ。

名物女将さんは、もう7年程前から山に上がってきていないとのことだったが

今でも御健在とうかがって、夫はとても嬉しそうにしていた。

その女将さんや常連さんたちとの集合写真に17年前の夫の姿もあり

女性陣で「昔は痩せていい男だったんじゃない」と談笑した。

 

 

f:id:JKazy:20190816161311j:plain

 

 

夕方には剱山頂に雲がかかり峰々も顔を出したりひっこめたり。

夜には晴れることを願いながら就寝した。

 

 

f:id:JKazy:20190816161426j:plain

 

 

午前2時。

明るく夜空を照らしていた月が剱岳の向こう側へと沈み

夜空は満天の星空へと姿を変えた。

 

 

f:id:JKazy:20190816161547j:plain

 

 

就寝前に私たち夫婦も含めたカメラマンが

ペルセウス座流星群のことなどを話題に盛り上がっていたので

カメラマン以外の方も数人表に出て一緒に星空を見上げた。

3分に1度ほどの間隔で星が流れ、そのたびに「見えた!」と歓声が上がり

その場にいた人々の間で不思議な一体感が生まれる。

 

 

f:id:JKazy:20190816161650j:plain

 

 

私にとって初めての星空撮影。

帰宅後、流れ星が写っていると盛り上がる私のPCを覗き込んだ夫から無情の一言。

あ、それは飛行機だから。

 

…(._.)

 

 

f:id:JKazy:20190816161801j:plain

 

 

1時間ほど仮眠をとったのち、朝焼けの写真を撮るため再び池の前へ。

昨日よりも静かで波のない水面はまるで鏡。

逆さに映し出す剱は実物のそれよりも神秘的に見えた。

 

 

f:id:JKazy:20190816161841j:plain

 

 

懐かしい再会に別れを惜しみつつ、仙人池ヒュッテを後にした。

向かう先の背景に後立山

 

 

f:id:JKazy:20190816161948j:plain

 

 

仙人温泉小屋から阿曽原温泉小屋までのルートは

夫が通っていた当時と全く違うルートになっていた。

何といてっも1629mのピークから仙人ダムまでの下りの長いこと!

 

暑さと寝不足と20kg体重の増えた夫にとってツライ下り。

ルートも細く休める場所も少ない。

予定の時間からどんどん遅れ、焦る私。

こんな時でも夫はいたって冷静。

焦って無理して動けなくなるより

多少時間が遅くなっても確実に宿に着くことが大事だと諭される。

 

もし夫が動けなくなったら小屋まで助けを求めに行かなくちゃ…

心配性の私の頭はぐるぐるぐるぐる…

ダムから最後の登りを終え、一足先に小屋へ行って連絡することにした。

私が小屋に着いてから30分後、夫も無事到着し

前日、仙人池ヒュッテで同宿だった方々に拍手で迎えられた。

夫がこの小屋に初めてきたのは35年前。

最後に来たのは16年前。

小屋の御主人も覚えていて下さり、嬉しい再会となった。

 

私たちの後しばらくして到着した親子に

宿の御主人がイエローカードだよと注意していた。

私たちも似たようなものだ。

同じ失敗は繰り返すまいと心に誓った。

 

 

f:id:JKazy:20190816162028j:plain

 

 

また、来なよ。

小屋の御主人に声をかけられ、夫は嬉しそうに返事をしていた。

いろいろな場所を巡るのもいいけれど同じ場所に何度も訪れる良さを感じた。

私たち夫婦にとって思い出と言えばこのルートと言えるほど

この先何度も訪れるのも悪くないな…

 

 

f:id:JKazy:20190816162101j:plain

 

 

阿曽原から欅平まで

それは写真でしか見たことのなかった水平歩道。

切り立った岩壁に溝のように掘られた道を歩く。

 

 

f:id:JKazy:20190816162142j:plain

 

 

昨日とは打って変わって、夫は慣れた様子でスタスタ。

 

 

f:id:JKazy:20190816162313j:plain

 

 

ビビリハイカーの私は、取りつけられた細いワイヤーを頼りに内心ビクビク。

昨日は私が先を行っては待ち、今日は夫が待ってくれる。

思えばこの20年、こんな感じでやってきた気がした。

 

 

 

 

※最後から5枚目と最後の写真は夫が撮影したものです。

 

 <今日のルート>

 

 

<出会った花たち>

f:id:JKazy:20190817121909j:plain

ミヤマリンドウ(深山竜胆)    ウサギギク(兎菊)

トウヤクリンドウ(投薬竜胆)   アオノツガザクラ(青栂桜)

チングルマ(稚児車)       ダイモンジソウ(大文字草) 

f:id:JKazy:20190817121933j:plain

ヨツバシオガマ(四葉塩竃)    ミヤマキンバイ(深山金梅)

ニッコウキスゲ(日光黄萓)    オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)

アカモノ(赤物)の実       ミヤマナナコナ(深山飯小菜) 

f:id:JKazy:20190817122011j:plain

ミソガワソウ(味噌川草)       ヤマハハコ(山母子)とアキノキリンソウ(秋麒麟草)

ハクサントリカブト(白山鳥兜)    キヌガサソウ(衣笠草)

                 オオバキスミレ(大葉黄菫)

 

 

 

 

jkazy.hateblo.jp

 

 

 

 

谷川連峰 馬蹄形を歩く  2日目

2019/7/29~7/30

 

 

f:id:JKazy:20190801162154j:plain

 

 

就寝前に見上げた夜空は、満天の星だった。

明日はいい天気になるぞ、山岳連盟の人が太鼓判を押してくれた。

 

午前3時に起き、朝食と荷造りを終えて外に出ると

空がぽわんっと赤みをさしていた。

 

 

f:id:JKazy:20190801162238j:plain

 

 

上空の藍色に、三日月が浮かぶ。

 

 

f:id:JKazy:20190801162319j:plain

 

 

避難小屋の裏手に回ると、巻機山の美しいシルエット。

 

 

f:id:JKazy:20190801162600j:plain

 

 

そして馬蹄形の最終ピーク、谷川岳も目を覚ます。

今日はあの峰まで歩くんだ…よしっ!

気合を入れて前を向く。

 

 

f:id:JKazy:20190801162701j:plain

 

 

七ツ小屋山を登る斜面で日の出を迎えた。

 

 

f:id:JKazy:20190801162858j:plain

 

 

腰高の笹原に朝陽があたり、いっせいに朝露が輝きだした。

山岳連盟の人が教えてくれたので歩き初めからレインウエアの下を履いていたが

あっという間に全身ずぶ濡れになった。

でも今日はそれすらも心地よく、楽しい。

 

 

f:id:JKazy:20190801163008j:plain

 

 

この辺りはちょうど馬蹄形の一番奥の部分だ。

写真に納まりきれないのが何とももどかしいが

歩いてきた道とこれから歩く道、馬蹄の全容を見渡すことができる。

 

 

f:id:JKazy:20190801163102j:plain

 

 

ただ標高は1500~1600mなので、白毛門ほどではないがかなり蒸し暑い。

時折吹いてくる風が、とてもありがたかった。

 

 

f:id:JKazy:20190801163429j:plain

 

 

笹の海。

 

 

f:id:JKazy:20190801163522j:plain



上越マッターホルン大源太山は、男前(´艸`*)

 

 

f:id:JKazy:20190801163605j:plain

 

 

お世話になった山岳連盟のおふたり。

ありがとうございました。

 

歩き方がゆったりとして見えるのに、上半身はぶれずに速い。

すごいなぁ…あんな歩き方、どうしたらできるんだろう。

 

 

f:id:JKazy:20190801163734j:plain

 

 

谷川岳まで続いている稜線。

まだまだ先は長い。

 

 

f:id:JKazy:20190801163848j:plain

 

 

ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)かな?

 

<メモ>

サワヒヨドリの葉は対生、ヨツバヒヨドリは輪生する。

 

 

f:id:JKazy:20190801163934j:plain



ハクサンフウロ(白山風露)。

 

 

f:id:JKazy:20190801164025j:plain

 

 

クルマユリ(車百合)。

 

 

f:id:JKazy:20190801164112j:plain

 

 

花トラップに引っ掛かりそうになり

このままではまた計画より遅れRWの時間に間に合わなくなると行動を軌道修正。

 

武能岳から鞍部に下り茂倉岳への登り返しは、なかなか厳しいものだった。

50歩進んでは一息つき、50歩進んでは一息。

手前の小ピークに到着する時間をそれぞれ決め、目標にした。

 

途中でスライドする5、6人のシニアのパーティーと休憩が一緒になった。

和菓子を勧めて下さった女性から、岡崎の和菓子店の名前が出て驚いた。

え?その和菓子屋の御夫婦と高校の同級生ですと伝えると

その方の娘さんと私は高校の同級生だったはずだという。

残念ながら娘さんの名前に記憶はなかったが、何という偶然。

口に残る上品な餡の甘さに30年前の記憶がよみがえる。

K君Tちゃん夫妻は元気かな…心にもパワーをもらって再び歩き始めた。

 

 

f:id:JKazy:20190801164148j:plain

 

 

茂倉岳、到着。

谷川岳がぐっと近づいた。

 

後ろから1日で馬蹄形を回っている若い男性がやってきて

お互いの労をねぎらった。

やはり、ここまで来ると少しホッとするのは皆同じらしい。

ただ彼はその後私の倍速以上の速さで進んでいき

あっという間に姿が見えなくなってしまった。

 

 

f:id:JKazy:20190801164239j:plain

 

 

来年は、あの主脈を歩けるかな…

 

 

f:id:JKazy:20190801164345j:plain

 

 

一ノ倉岳に到着。

いよいよ残るは、あの猫のお耳!

 

 

f:id:JKazy:20190801164516j:plain

 

 

奥の院の手前から、少し雨に降られた。

最後の岩場を慎重に越える。

オキノ耳、そしてトマノ耳…

トマノ耳の標識を見た途端、涙が出そうになった。

両手を突き上げ馬蹄形に向かってヤッターと叫んだ。

 

肩ノ小屋で休憩することも考えたが

岩場を下り終える熊穴沢避難小屋まで行くことにした。

思った以上に足に疲労がたまっていたのか

少し気が緩んでしまったのか途中の岩場で足を滑らせ転倒した。

そこからは身体を岩の方に向け三点支持で慎重に降りた。

 

RWの山頂駅に到着し

馬蹄形の挑戦をお互い励まし合ってきた友人に下山の無事をLINEで知らせると

とても成功を喜んでくれ、嬉しかった。

次は彼女の番だ。

私も心から応援している。

 

多くの出会いに助けられ成功した山行だった。

心より感謝申し上げたい。

ありがとうございました。

 

そして送り出してくれた家族に、感謝!

いつも、ありがとう。

 

 

 

 

 

<今日のルート> 

 

 

 

< 出会った花たち>

f:id:JKazy:20190801230112j:plain

クガイソウ(九蓋草)            トキソウ(朱鷺草)?

ノギラン(芒蘭)              イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)

 

f:id:JKazy:20190801230205j:plain

 

ホソバヒナウスユキソウ(細葉雛薄雪草)   ハクサンオミナエシ(白山女郎花)

シモツケソウ(下野草)           タテヤマリンドウ(立山竜胆)

                                                                          タテヤマウツボグサ(立山靫草)

 

谷川連峰 馬蹄形を歩く  1日目

2019/7/29~7/30

 

 

5年前、本格的に山歩きを再始動して

いつか、いつか歩きたいと思い続けた谷川馬蹄形。

白毛門ピストン、朝日岳ピストンと徐々に距離を延ばし

反対側の谷川からは、茂倉岳まで縦走し

いよいよこの両端を結ぶ時が来たのだ。

 

 

f:id:JKazy:20190731223046j:plain

 

 

うっすらと起きだした森へ

ヘッデンを灯して白毛門登山口から入山する。

湿度が高く、まるで熱帯雨林の中で歩いているようだ。

体中から汗が吹き出し、なかなかペースが上がらない。

 

松ノ木沢ノ頭で雲一つない谷川岳に迎えられる。

行こう。あの頂まで歩くんだ。

テント装備で20kgとなった荷を背負いなおし

一つ目のピーク、白毛門を見据える。

  

 

f:id:JKazy:20190731223709j:plain

 

 

ここは、ゆっくりでいい。

この先の行程を考えれば焦りは禁物だ。

 

そう自分に言い聞かせ、白毛門までかかった時間は4時間半!

昨年歩いた時は、3時間。

いくらなんでもかけすぎだ(>_<)

 

 

f:id:JKazy:20190731223903j:plain

 

 

テント装備の負荷を考慮して

登山計画には3時間半を見込んでいた。

初っ端からこの誤算。

 

黙々と歩を進めながら

自問自答。

 

頭の片隅に、ここ数カ月あった不安。

去年までの経験から立てる登山計画をこなせない今の自分。

その日だけの体調不良と言い訳できないことを認めざるをえない自分がいた。

 

 

f:id:JKazy:20190731224253j:plain

 

 

笠ヶ岳まで歩いて、次の行動を判断しよう。

撤退か、前進か…

 

 

f:id:JKazy:20190731224406j:plain

 

 

体調の変化を感じなかったわけではない。

考えられる原因を病院を受診しながらひとつひとつ潰していった。

幸いにも、病気ではなかった。

山もコンスタントに歩き、普段の生活に何か支障があるというほどではない。

しかし、今までと明らかに何かが違う。

気持ちに体がついてきてくれないのだ。

 

優れた運動神経があるはずもなく

てくてく、てくてく、一歩、一歩。

自分には、そんな取柄しかない。

でも、そんな取柄さえ打ち消してしまうような

得体のしれない変化が自分の中でおきている。

 

 

f:id:JKazy:20190731224508j:plain

 

 

笠ヶ岳までは、ほぼ計画通りに歩くことができてホッと胸をなでおろした。

白毛門で遅れた1時間をカバーするために、登山計画を見直す。

 

蓬峠まで歩く予定を清水峠までにし、テント泊を避難小屋泊に変更することとした。

前日にテント泊の旨を伝えていた蓬ヒュッテと家族に計画の変更を伝える。

(笠ヶ岳山頂では、ソフトバンクスマホも電波が通じます)

 

 

f:id:JKazy:20190731224626j:plain

 

 

f:id:JKazy:20190731224720j:plain

 

  

朝日岳の手前の小烏帽子、大烏帽子。

前回はここを朝日岳と勘違いして心が折れそうになったんだよねと

キスゲ(黄萓)の大群落の中、感慨深く歩いた。

 

 

f:id:JKazy:20190731224845j:plain

 

 

f:id:JKazy:20190731224930j:plain

 

 

遠雷が聞える。

 

天気予報では午後3時頃から天気が崩れると言っていた。

宿泊地を清水峠にして正解だった。

 

 

f:id:JKazy:20190731225056j:plain

 

 

どっしりとした朝日岳の山容が見えた。

 

朝、言葉を交わして私を追い越していった男性と再び会い

やっと来たねと言葉をかけてもらう。

彼は朝日岳ピストンのようだ。

宿泊地を蓬から清水峠に変更したと伝えると

彼も、いい判断だと思うよと言ってくださった。

 

 

f:id:JKazy:20190731225145j:plain

 

 

毎度ながら、自信が持てない。

ミヤマシャジン(深山沙参)…だろうか。

 

<メモ>
ツリガネニンジンの花は輪生状につくが、ソバナは一本づつ花柄を出し先端に花をつける。
ツリガネニンジンの葉は普通輪生だがソバナは互生。
ツリガネニンジンのガク片は細長く反り返るが、ソバナのガク片は幅広で横に広がる程度。
・ソバナの葉には長い柄があるが、ミヤマシャジンの葉の柄は短く普通互生、稀に対生。

ミヤマシャジンの花柱は花冠より長く突き出る。萼片は披針形で鋸歯がない。

 

 

f:id:JKazy:20190731225225j:plain

 

 

朝日岳の周辺には池塘が点在する。

今年は4月まで積雪があり、その数は以前より多く感じた。

 

 

f:id:JKazy:20190731225320j:plain

 

 

霧が立ち込めた湿原は幻想的だ。

その中でぽつぽつと咲くキスゲの鮮やかさが、一層際立って見えた。

 

 

f:id:JKazy:20190731225400j:plain

 

 

そして、人が立ち入ることを断じてならぬと

伝える強さがそこにある。



f:id:JKazy:20190731225535j:plain

 

 

キンコウカ(金光花)。

 

 

f:id:JKazy:20190731225645j:plain

 

 

ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)。

 

<メモ>

ミヤマホツツジの花柱は太く上に曲がるが、ホツツジは花の外に長くまっすぐつきでる。

 

 

f:id:JKazy:20190731230109j:plain

 

 

朝日岳から清水峠に小さいピークをいくつも越えながら降りていく道の脇には

多様な花々が咲いていて、普段あまり見かけないものも多かったが

ずっと鳴り続いている遠雷に追い立てられるかのように、写真を撮るのも控えめに先を急いだ。

 

 

f:id:JKazy:20190731230225j:plain

 

 

ミヤマナナコナ(深山飯子菜)。

 

 

f:id:JKazy:20190731230311j:plain

 

 

振り返ると、雲の間から見え隠れする朝日岳

馬蹄形を次に回る時は、もう少し余裕が持てる自分でありたい。

 

 

f:id:JKazy:20190731230441j:plain

 

 

今日の宿泊地、白崩避難小屋と三角屋根が特徴的な送電線監視小屋。

送電線監視小屋には6、7人の若者たちがいた。

聞けば鉄塔周りなどの草刈りに3泊4日で入っているという。

普段は林業に携わり、生まれも育ちも新潟だというその青年は

故郷にも仕事にも誇りを持って生きている感じがした。

 

しばらくして、避難小屋には二人の男性が訪れた。

群馬の山岳連盟の方々で、馬蹄形登山道の調査に来たそうだ。

3人で来たが、体調が優れずひとり白毛門で引き返したといい

ひとり分余るからと、すっかり私まで夕宴で御馳走になることに。

 

ひとりの方は、あの「ぐんま県境トレイル」の未開拓部分を調査し切り開いたメンバーの人だった。

私は地元紙で連載されたその登山道開拓ドキュメンタリー記事の大ファンだったので

羨望の眼差しで話を伺った。

おふたりから出てくる南や北アルプスの全山縦走の話や

送電監視小屋が実は東電ではなくJRが管理するものだということ。

この山域は昔からJRが良く管理をしてくれ

冬にはスキーで送電線の確認に職員の人が来ている話など

たくさんの楽しく面白い話を聞くことができた。

 

白毛門まで4時間以上かかってしまった話をすると

テント装備ならそれが普通だよと言われ

少し弱気になっていた背中を押してもらえたような気がした。

 

よし、明日もがんばろう!

 

 

 

 

2日目に続く

 

丹生湖の向日葵と貫前神社

2019/7/21

 

 

f:id:JKazy:20190721162703j:plain

 

 

向日葵畑へ写真を撮りに行くけど一緒に行く?と、夫に誘われて

富岡市の丹生(にゅう)湖までドライブ。

 

 

f:id:JKazy:20190721162728j:plain

 

 

例年に比べて咲き始めが遅く

今は7~8割くらい咲いているらしいよって言ってたけど

畑の1割くらいしか咲いていなかった(笑)

 

 

f:id:JKazy:20190721162749j:plain

 

 

今日は下見って感じだねと言いつつ

それならそれでと開き直って、向日葵を寂しげに撮ってみたり

 

 

f:id:JKazy:20190721162814j:plain

 

 

帰り道に、昔よく撮影に来た貫前(ぬきさき)神社に寄ってもらった。

 

 

 

 

 

 

赤城 やり残した宿題

2019/7/17

 

 

f:id:JKazy:20190717185029j:plain

 

 

先日失敗した縦走の残りのピーク。

宿題をやらないままにしておくのも気持ちが悪いので

本日、歩いてきた。 

 

 

f:id:JKazy:20190717185547j:plain

 

 

山の楽しみ方は、人それぞれで。

どの人の楽しみ方も、どれも素敵で。

 

 

f:id:JKazy:20190717185222j:plain

 

 

ふと、真似したくなるんだ。

 

 

f:id:JKazy:20190717185713j:plain

 

 

そういえば、写真もそんなところがあるな。

 

 

f:id:JKazy:20190717190525j:plain

 

 

でも、それは所詮借りてきた服。

 

 

f:id:JKazy:20190717190542j:plain

 

 

タツナミソウ(立浪草)。

 

 

f:id:JKazy:20190717190658j:plain

 

 

やっぱり、途中で息苦しくなる。

 

 

f:id:JKazy:20190717191032j:plain

 

 

もういい年だというのに、悩みは中学生なみだ。

 

 

f:id:JKazy:20190717191201j:plain

 

 

そんな私を今年成人を迎える長男が

あきれたような顔で笑うから

最近は、次男の好きなおかずやおやつばかり選んでしまう。

 

 

 <今日のルート>

 

 

赤城 縦走失敗

2019/7/13

 

 

f:id:JKazy:20190713224012j:plain

 

 

以前歩いた赤城山の外輪山である黒檜山、駒ヶ岳、陣笠山、薬師岳、出張山、鍬柄山、鳥居峠地蔵岳に鈴ヶ岳、小地蔵岳、長七郎山を加えて歩くことにした。

 

ちなみに地蔵岳は、その噴火後にできた中央火口丘(火口内にできた溶岩ドーム)。

地蔵岳、長七郎山は小沼の火口縁と火口壁。

鈴ヶ岳の形成は古く、黒檜などが形成された噴火より前の溶岩ドームだ。

 

  

f:id:JKazy:20190713224057j:plain

 

 

f:id:JKazy:20190713224146j:plain

 

 

鈴ヶ岳の大ダオから出張峠までのルートは

コアジサイが満開。

 

 

f:id:JKazy:20190713224427j:plain

 

 

この大きな切り株は、以前にも何回か撮影している。

この先、彼がどんな姿になっていくのか記録していくのも悪くない。

 

 

f:id:JKazy:20190713224516j:plain

 

 

計画の見通しが甘く、黒檜登山口に着いた時は計画より1時間遅れだった。

少々無理をすれば歩けたかもしれないが、駐車場に戻るのは午後5時を回る。

途中でトラブルが発生すれば、深刻な事態になりかねない。

ソロで歩く以上、それは避けるべきだと思った。

 

 

f:id:JKazy:20190713224609j:plain

 

 

というわけで、本日のピークハントはこれにて終了。

大沼湖畔の舗装路を歩いて覚満淵を抜けた。

歩ける体力があっただけに悔しさがなかったと言えば嘘になるが

失敗から学ぶことも多かったから

今日は今日で、これでよし。

 

  

f:id:JKazy:20190713224754j:plain

 

 

少し無理な挑戦ができたのも、Home Mountainだから。

もう一度計画を見直して、いつかリトライをしよう。

 

 

f:id:JKazy:20190713224843j:plain

 

 

 

<今日のルート>