読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

西上州 富岡アルプス神成山を歩く

f:id:JKazy:20170421195655j:plain

西上州の里山は、私の原風景に似ている。去年の春から気になっていた神成山…名前を思い出せずモヤモヤしていたところ、またもや群馬のブロガーさんがアップ。春の息吹を感じたくて、ひとり出掛けてみる。

登山口でジュウニヒトエ(十二単)が出迎えてくれ、今日はなかなか先に進めない予感。

f:id:JKazy:20170421195721j:plain

天気予報はくもり。時折、陽が射すが、暑くもなく寒くもなく快適な山歩き。

f:id:JKazy:20170421195752j:plain

山の彩はツツジが主役になっていたが、新芽と一緒に咲きだす山桜も満開となり、その楚々とした様子が、とてもいい。

f:id:JKazy:20170421195829j:plain

九つのピークを縦走するコースからは、ふもとの町がみえ、上信電鉄のガタンゴトンという音が聞こえてくる。

f:id:JKazy:20170421195900j:plain

もう咲き終わっているだろうと思われたオキナグサ(翁草)が、翁の髭の中で一輪二輪とまだ咲いていた。

f:id:JKazy:20170421195953j:plain

撮影をしながらゆったりのったり歩いても、2時間半で最後のピークに辿り着いた。久しぶりにドリップで珈琲を淹れ、楽しみの和菓子…キンツバをいただく。

f:id:JKazy:20170421200042j:plain

山を下り、里の車道を歩いて駐車場である宮崎公園に戻るが、なかなか素敵な風景で山歩きよりも道草をしながらのんびり。

f:id:JKazy:20170421200118j:plain

もう鯉のぼりかと思ったが、気がつけば4月も下旬。

f:id:JKazy:20170421200202j:plain

そういえば、小学生の頃も道草が好きで、なかなか家に帰らず怒られたな…

f:id:JKazy:20170421200305j:plain

好物だらけだ…

f:id:JKazy:20170421200356j:plain

たまらん。

f:id:JKazy:20170421200428j:plain

とまらん(笑)

f:id:JKazy:20170421200511j:plain

 

f:id:JKazy:20170421200546j:plain

宇芸神社。

f:id:JKazy:20170421200610j:plain

 

f:id:JKazy:20170421200700j:plain

 

f:id:JKazy:20170421200742j:plain

 

f:id:JKazy:20170421200843j:plain

山歩きのつもりが、すっかりスナップ撮影に。里山歩き…やっぱり楽しい。

 

 

 

<今日のルート>

宮崎公園駐車場9:25~姫天狗(見晴台)9:50~龍王ピーク(神成城址物見台)10:25/10:32~旧宇芸神社跡山頂11:00~吾妻山11:40~祭祀跡12:10/12:30~車道歩き~駐車場14:00

 

f:id:JKazy:20170421200929j:plain

 

 

 

 

谷川岳 マチガ沢で雪上技術を学ぶ

f:id:JKazy:20170416213118j:plain

自分で情報を収集したり、技術をひとつひとつ身に着けていくことは好きだ。しかし、もうひとつスキルアップするには、そろそろ手詰まり感があった。特に雪山については、やればやるほど机上だけではダメだと結論に至る。そこで、群馬県山岳連盟の個人会員となり、雪上技術を学ぶことにした。

f:id:JKazy:20170416213013j:plain

アイゼン、ピッケルなどの道具の説明を受けて、谷川岳のマチガ沢へ。雪はシャーベット状になっている。所々で雪崩がおきた跡があり、歩きながら注意を払うべきポイントを教わった。

f:id:JKazy:20170416213143j:plain

まずは、ツボ足での歩行訓練。下りの姿勢で、重心が後ろすぎると指摘を受ける。ソロでは、なかなか気づけない。ありがたいことだ。続いて、アイゼンをつけて。そして、滑落防止訓練。ピッケルを使用するのは初めての経験だったが、これが思ったよりも難しい。見るのと、やるのでは大違いだ。何度も斜面を登って繰り返し、体に身につけさせる。

昼食の休憩中に、沢を挟んで反対側で雪崩がおきた。それを教材に、起きやすい地形や起きた場合の対処法を教わる。

f:id:JKazy:20170416213233j:plain

最後に、グループに分かれて雪洞掘り。我々初心者グループが4人で交代しながら掘る横で、ベテランの男性がひとりでみるみる造り上げていく。切り出された雪のブロックをレンガのように積み上げ、イグルーと組み合わせた雪洞が完成。

f:id:JKazy:20170416213302j:plain

入口は腹ばいで入るほどの狭さだが、中は大人ふたりが入っても十分余裕がある。最後の仕上げはしていないのだというが、雪を通して届く柔らかな光は不思議な世界観があり、胎内回帰のような安心感があった。

f:id:JKazy:20170416213351j:plain

訓練が終わる頃には、青空は薄い雲に覆われていた。

いろいろな技術を身につけられたことはもちろんのこと、何よりも楽しかった。思い切って入会してよかったと思う。

f:id:JKazy:20170416213424j:plain

帰り際、ニホンカモシカが我々の存在に動じることなく、悠々と斜面を横切っていった。

 

 

 

 

 

赤城 荒山周辺で地図読み遊び

f:id:JKazy:20170412171742j:plain

先に断っておこう。今日の山歩きの写真はつまらない。

雪はグズグズだし、花もない。その上、なかなか強い風が北西から吹いている。

しかし、こんな時こそ楽しめることがある。地図読みだ。

実は写真の趣味よりも遥かに長い。小学生の頃から、地図が好きだ。

以前から鍋割山・荒山周辺のマイナールートが気になってしかたがなかった。

風の影響が少ない南面の林の中のルート。熊も、まだ寝ているだろう(と、信じたい)。

葉が落ちた木々の間からは、周りの山々、地形が確認できる。 

f:id:JKazy:20170412171708j:plain

鍋割へ向かう稜線上は、きっと風が強いだろうと判断して、残雪の荒山に向かう。

その先の「ひさし岩」から見える地形も気になる、気になる…

f:id:JKazy:20170412171936j:plain

ここからは、地蔵、黒檜、駒ケ岳、長七郎と見渡せるが、今日のお目当てはこれではない。

ここからのびる尾根と沢の造形美…地形図の等高線で確認して楽しむ。 

f:id:JKazy:20170412172023j:plain

この先の分岐から小沼にでる道がある。いつか、そのルートも押さえておきたいものだ。

それにしても赤城山は、マイナールートといえども、とても整備が行き届いている。

これを管理してくださる方々に、あらためて尊敬と感謝。

f:id:JKazy:20170412172057j:plain

 

<今日のルート>

姫百合駐車場10:13~分岐10:25~四季の道~一般道に合流10:40するが展望の広場・荒山方面の道を進む~展望の広場11:25~アイゼン着~荒山12:25~南尾根方面へ下山~アイゼン脱~ひさし岩12:45/13:00~休憩舎がある分岐13:08~棚上十字路13:36~荒山高原・姫百合駐車場方面へ~荒山高原13:50~駐車場14:18

 

※ここでいう一般道は、多くの登山者が使用するルートをさすことにした。また、マイナールートと表現したが、山と高原地図にも記載があり、きちんと整備されている。

 

 

 

 

赤城 水芭蕉咲く嶺公園

f:id:JKazy:20170410171552j:plain

群馬のブロガーさんが、少し前に教えてくれた嶺公園の水芭蕉

桜に気を取られているうちに、少しピークを過ぎてしまったらしい。

f:id:JKazy:20170410171614j:plain

水彩画を描いている紳士にお断りして…

f:id:JKazy:20170410171658j:plain

水芭蕉に代わって、猿喉草(エンコウソウ)が満開。

f:id:JKazy:20170410171749j:plain

そして…

f:id:JKazy:20170410171821j:plain

気品ある春蘭が、そっと静かに咲いていた。

 

 

 

 

 

 

サクラ咲く敷島公園

f:id:JKazy:20170408170326j:plain

傘をさすか、ささないか…悩むほどの小雨。

f:id:JKazy:20170408170410j:plain

天気がよければ、さらに賑やかだったにちがいない。

f:id:JKazy:20170408170501j:plain

ただ、こんな煙るような空模様が

f:id:JKazy:20170408170615j:plain

サクラには向いているような、そんな気がする。

f:id:JKazy:20170408170658j:plain

 

 

スピンオフ 長男の旅 ~17歳、春~

<1日目>

前橋~横浜 上野東京ライン 祖母宅に宿泊。

自転車のカギを忘れて、現地調達。

<2日目>

祖母宅を4時に自転車で出発。

横浜4:54~熱海6:16/6:49~浜松9:19/9:23~豊橋9:56/10:03~大垣11:31/11:42~米原12:17/12:20~姫路14:47/15:03~相生(兵庫)15:22/15:56~倉敷17:24

夕食は、デミカツ「名代とんてい」1,300円。

f:id:JKazy:20170404224213j:plain

宿泊先は、倉敷ユースホステル素泊まり3,024円。

駅から自転車で移動。急坂の上にあり、途中から押して上がった。

f:id:JKazy:20170404224301j:plain

チェックインして、自転車で夜景散策。アイビースクエア。

f:id:JKazy:20170404224320j:plain

美観地区。

f:id:JKazy:20170404224352j:plain

f:id:JKazy:20170404224411j:plain

f:id:JKazy:20170404224434j:plain

f:id:JKazy:20170404224457j:plain

f:id:JKazy:20170404224531j:plain

f:id:JKazy:20170404224630j:plain

f:id:JKazy:20170404224701j:plain

f:id:JKazy:20170404224749j:plain

ホテルの前から見た倉敷の夜景。

f:id:JKazy:20170404224813j:plain

<3日目>

自転車で倉敷郊外を散策。母が通っていた小学校。

f:id:JKazy:20170404224849j:plain

足高神社。

f:id:JKazy:20170404225127j:plain

f:id:JKazy:20170404224914j:plain

f:id:JKazy:20170404224939j:plain

f:id:JKazy:20170404225013j:plain

f:id:JKazy:20170404225033j:plain

足高山から見た倉敷の街。

f:id:JKazy:20170404225103j:plain

戻って、もう一度、美観地区。

f:id:JKazy:20170404225155j:plain

f:id:JKazy:20170404225235j:plain

ただのソフトクリームに見えて「桃ミルクミックスソフト」378円。

f:id:JKazy:20170404225302j:plain

f:id:JKazy:20170404225328j:plain

昼飯「おろしぶっかけ大盛」670円。

f:id:JKazy:20170404225418j:plain

f:id:JKazy:20170404225446j:plain

倉敷11:32~松江16:19 伯備線で移動。

島根の宿泊先は「ホテル クヌート松江駅前」3泊11,700円。

食事なし、風呂なし(シャワーあり)だが、朝食がサービス。

f:id:JKazy:20170404225549j:plain

夕食は「しじみラーメン」800円+替玉150円

f:id:JKazy:20170404225508j:plain

<4日目>

自転車で出雲大社参拝。帰りは電車利用。

f:id:JKazy:20170404225614j:plain

f:id:JKazy:20170404225645j:plain

f:id:JKazy:20170404225721j:plain

f:id:JKazy:20170404225842j:plain

f:id:JKazy:20170404225922j:plain

f:id:JKazy:20170404225950j:plain

f:id:JKazy:20170404230006j:plain

f:id:JKazy:20170404230202j:plain

f:id:JKazy:20170404230233j:plain

f:id:JKazy:20170404230354j:plain

f:id:JKazy:20170404230426j:plain

f:id:JKazy:20170404230441j:plain

f:id:JKazy:20170404230532j:plain

昼食は、島根牛の「ご縁ライスバーガー」500円。

f:id:JKazy:20170404230606j:plain

いなり、こんこん、恋いろは。

f:id:JKazy:20170404230645j:plain

f:id:JKazy:20170404230739j:plain

f:id:JKazy:20170404230944j:plain

f:id:JKazy:20170404231033j:plain

f:id:JKazy:20170404231151j:plain

f:id:JKazy:20170404231255j:plain

<5日目>

同ホテルに連泊。中海サイクリングロードを周る予定だったが、雨。

f:id:JKazy:20170404231358j:plain

昼食「本日の海鮮丼」800円。

f:id:JKazy:20170404231503j:plain

松江城、散策。

f:id:JKazy:20170404231521j:plain

登閣券 560円。

f:id:JKazy:20170404231549j:plain

f:id:JKazy:20170404231640j:plain

夕飯「奥出雲割子そば」900円。

f:id:JKazy:20170404231727j:plain

<6日目>

島根~松江 自転車で移動(走行距離 約120km) 宿泊は、ホテルRESH鳥取駅前 飯なし4,630円。

途中のドライブインで、昼食の「かつ丼」500円+味噌汁100円。

f:id:JKazy:20170404231813j:plain

途中でアスファルトの亀裂にタイヤが落ちて、ホイールが傷だらけになった。

夕飯。

f:id:JKazy:20170404231830j:plain

f:id:JKazy:20170404231900j:plain

<7日目>

自転車で移動。

鳥取砂丘。砂の美術館は制作期間中のため休館。

f:id:JKazy:20170404232141j:plain

f:id:JKazy:20170404232157j:plain

f:id:JKazy:20170404232244j:plain

f:id:JKazy:20170404232311j:plain

f:id:JKazy:20170404232411j:plain

f:id:JKazy:20170404232434j:plain

f:id:JKazy:20170404232605j:plain

鳥取~京都 山陰本線で移動。宿泊は「京都市宇多野ユースホステル」2,880円+朝食650円。

<8日目>

自転車で京都観光。清水寺は改修工事中。アジア系観光客が多い。

f:id:JKazy:20170404232632j:plain

f:id:JKazy:20170404232748j:plain

f:id:JKazy:20170404232840j:plain

f:id:JKazy:20170404232901j:plain

f:id:JKazy:20170404232926j:plain

京都11:00~米原11:53/12:00~大垣12:32/12:41~豊橋14:08/14:24~浜松14:57/15:10~熱海17:43/17:51~平塚18:42/18:47~前橋22:13

宇都宮駅の落雷事故により、到着が遅れた。

 

夜行バスで東京から松江まで移動しようと検討したが、輪行バックに入れても自転車は載せられないのでやめた。宅急便で送ることも考えたが、費用もかかるので輪行バックを持って青春18きっぷを利用した。できるだけ迷惑がかからないように通勤ラッシュ時間は避け、先頭車両か最後尾車両を利用。宿は基本ユースホステルを利用したが、島根と鳥取にはない。セブン銀行を利用しているが、鳥取にはセブンが無くて困った。京都のユースホステルは、欧米系の外国人利用客が多かった。ジャージ姿で入りずらい場所もあったので、普通の服も持つべきだった。50Lバックだけだと移動が大変なので、サブバックがあるといい。