赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

赤城 地蔵岳から覚満淵を歩く

 

2018/7/14 

 

f:id:JKazy:20180714162106j:plain

 

家族も各々の用事で午前中は留守だというので、久しぶりに赤城の地蔵岳へ。

すっかり、夏模様。

 

大洞から一気に登り上げ、見晴らしはいいが日差しも強い地蔵岳山頂はさくっと通過し、八丁峠、鳥居峠、覚満淵へゆるゆると下りながら自然観察。

  

f:id:JKazy:20180714162205j:plain

 

お馴染みの鉄塔上空も夏らしい色。

 

f:id:JKazy:20180714162237j:plain

 

タツナミソウ(立浪草)。

 

地蔵岳から八丁峠へ下りていく道端には、例年であればタマガワホトトギスなどの花が見られるのだが、今日は残念ながら見つけられず。

 

f:id:JKazy:20180715042407j:plain

 

辛うじて見つけたウスユキソウ(薄雪草)に、ミツバチが…花が重いって言ってるよ、たぶん。

今日は、花と虫をお題にすることにしよう…

 

f:id:JKazy:20180714162317j:plain

 

シモツケ(下野)とアキアカネ

 

<メモ>

花が似ているシモツケソウは草本類(シモツケは落葉小低木)で、葉がカエデ状に裂けている。キョウガノコは、シモツケソウの栽培種。

 

f:id:JKazy:20180714162349j:plain

 

長七郎山へは向かわず、小沼平を抜けて鳥居峠に向かった。

もうすぐ鳥居峠というところで、熊笹にとまる美しい柄の蝶。

 

次男が幼い頃によく見ていた学研の図鑑をひっぱり出して調べてみたが、ヤマキマダラヒカゲ…かな?

 

f:id:JKazy:20180714162421j:plain

 

覚満淵も花は少なめ…ちょっと残念。

 

クガイソウ(九蓋草)にとまるは、セセリチョウの仲間かと…

クガイソウの紫は、涼しげで美しい。

 

f:id:JKazy:20180714162458j:plain

 

キスゲ(黄萓)とヒメキマダラセセリ

 

覚満淵のキスゲは、鹿の食害でめっきり個体数が減ってしまったそうだ。

 

f:id:JKazy:20180714162520j:plain

 

ケナツノタムラソウ(毛夏田村草)とヒメキマダラセセリ

 

この花は手持ちの図鑑ではわからずシソ科の植物だろうとあたりをつけ、ネットで検索。

最初ヤマハッカ、ヒキオコシ、アキノタムラソウのいずれかかと思ったが、何となく違う…

もう、お手上げ!ということで、「教えてgoo」なるもので聞いたところ判明。ありがたい。

 

f:id:JKazy:20180714162542j:plain

 

山の上で夏をすごすアキアカネ

秋には赤くなって平地に戻るそうだ。

 

f:id:JKazy:20180714162632j:plain

 

チダケサシ(乳茸刺)ではないかと…。 

長い花茎にチタケ(乳茸)と呼ばれるキノコを刺して持ち帰ったことが名前の由来とあり、そのチタケを「おいしいキノコなんだよ」と話していた亡き父のことを思い出した。

 

f:id:JKazy:20180714162706j:plain

 

ヤマオダマキ(山苧環)。

 

f:id:JKazy:20180714162741j:plain

 

オカトラノオ(丘虎尾)。

 

f:id:JKazy:20180714163250j:plain

 

ケナツノタムラソウ(毛夏田村草)とスジグロシロチョウ

 森の中でひらひらと舞うシロチョウの姿は美しく、まるで妖精のようだ。

 

f:id:JKazy:20180714163335j:plain

 

さて、おなかをすかせた息子たちが帰ってくる。

「群れ馬うどん しんか家」さんで、冷やしたぬきを買って帰ろう ♪

 

 

 

 

 

 

<今日のルート> 

 

f:id:JKazy:20180714171017j:plain

f:id:JKazy:20180714171244j:plain


 

※このルートの反対回りは結構大変。おすすめしません。 

※ヤマップのデータをスクリーンショットして添付しました。

できれば地図をスクロールできるように、そのままヤマップのデータを添付したいのですが、方法を御存知の方、よろしければ教えて下さいm(__)m

というのも、CASIO PRO TREK Smart WSD-F20を購入してしまったので、ヤマップを使えるようにしなくては…え、そこから?って感じですが('◇')ゞ 

私があきらめて時計を投げ出すのを夫が虎視眈々と狙っているので、頑張れねば!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭   ’18.7.12

 

f:id:JKazy:20180713082026j:plain

 

 

群馬の夏は、暑い。

個人的には東京の「もあんっ」としたビル風より耐えられる暑さだとは思うけど

それでも、暑いという事実に変わりはない。

 

庭の手入れは、早朝の30分だけと決めているから

草の成長には追いつかないいし

庭木の枝は鬱蒼としてくるけれど

 

昼間、庭に放される犬たちにとっては

灼熱の日差しから守られ、居心地はよさそうだ。

 

ま、そういうことにしておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン求めて喜多方へ

 

2018/7/7

 

f:id:JKazy:20180708112011j:plain

 

夫と次男が不在のため、週末は長男とふたり。

朝食を食べながら、冗談半分で「夕飯は喜多方にラーメンでも食べに行くか」と言ったところ

速攻で「行く、行く!」と返事が返ってきた。

思いたったら即行動…親譲りですか(笑)

 

f:id:JKazy:20180708112048j:plain

 

午後2時、自宅を出発。

長男の運転で、下道をひた走る。

 

鬼怒川温泉の先から山深くなり

護岸工事のない自然に蛇行する川。落葉樹に覆われた幾重にも重なる山々。

紅葉の時期にも訪れてみたいものだ。

 

f:id:JKazy:20180708112116j:plain

 

長男の運転は随分と上達していて、助手席で安心していられた。

学校で面白かったという講義の話に耳を傾けながら

これからの進路についても話したが

お前はやっぱり学ぶことが好きなんだと思うよと伝えた。

 

f:id:JKazy:20180708112140j:plain

 

学生時代、軽自動車にカセットコンロとヤカンに布団を積み込んで

写真を撮りに行ったことが懐かしく思い出された。

今日のノリは、まさにそんな感じ。

 

長男は前夜も友人たちと雨の降る中、水上までドライブに出かけており

青春だね~と、有り余る体力を羨ましく思う。

 

後は助手席に乗せるのが母ではなく、そろそろ彼女でもとは思うけど。

 

f:id:JKazy:20180708112239j:plain

 

喜多方に近づいて、ラーメン屋を検索したら6時閉店の店が多く焦ったが

大正時代の蔵を改装した「塩川屋」に7時すぎに入店できた。

私は蜆ベースの潮ラーメン。長男は熟成しょうゆラーメンを注文。

これが絶品!うまうま(*´ω`*)

 

f:id:JKazy:20180708112338j:plain

 

店を出るときに、30分ほどこのまま駐車させてほしいとお願いをして

喜多方の街をカメラ片手にふらふら。

夫から一眼レフを借りて、ウキウキと撮る長男のうしろを

少し距離を置きつつ写真を撮りながらついていった。

 

f:id:JKazy:20180708112309j:plain

 

以下、長男の写真。

最後の写真は、ほぼ同じ場所で私も撮影したが

彼の方が、いいタイミングで撮れていた。

 

f:id:JKazy:20180708233437j:plain

 

f:id:JKazy:20180708233511j:plain

 

f:id:JKazy:20180708233541j:plain

 

帰りは、さすがに高速を利用。

途中から運転を代わったが、長男は助手席で爆睡。

 

今日の日は

10年、20年経っても「あの日、喜多方までラーメン食べに行ったよね」って

話題にするような気がする。

 

そんな思い出ができてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

フィルム写真録 『 郷愁 』

 

f:id:JKazy:20180704110442j:plain

 

 

 

大学時代の友人から

波に魅せられて転居したと葉書が届いた

 

鎌倉の海と

彼女が描く鮮やかな青の色彩と

私の脳裏でオーバーレイする

 

四半世紀も前の

青臭く不器用だった私たちは

今を どれほど想像していただろうか

 

 

 

私のブログを読んでくれているとあり

照れくささと嬉しさと…

 

そして、感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月刊カメラマン ’97.3 大学・一般の部 金賞 / 同誌 ’97カメラマン大賞 同部門 三席
NikonNewFM2 Aiニッコール85mmf1.4 1/125秒 f3.8 フジクロームベルビア

 

 

夫からの手紙 no.5

 

f:id:JKazy:20180630210830j:plain

 

 

 

 

この日の夕日は 私も見ていたよ。

 

コストコを出たところの あの水田が広がるところで。

 

 

 

 

 

 

谷川連峰 白毛門~笠ヶ岳~朝日岳

 

2018/6/24

 

f:id:JKazy:20180624220249j:plain

 

昨秋に谷川連峰馬蹄形の白毛門を訪れた時から、その先に足をのばしてみたいと思っていた。

まずは、土合橋の登山口から白毛門まで急登を一気に登り上げる。

白毛門山頂からは、美しい谷川岳

 

f:id:JKazy:20180624220318j:plain

 

もう一方の朝靄に浮かぶは上州武尊。

 

f:id:JKazy:20180624220417j:plain

 

鮮やかなベニサラサドウダン(紅更紗満天星)が、あちらこちらで満開に。

 

f:id:JKazy:20180624220204j:plain

 

西上州の黒滝山でも見かけたアブラツツジ(油躑躅)。

 

f:id:JKazy:20180624220457j:plain

 

ここのシャクナゲ(石楠花)は、咲き始めたところかな。

 

f:id:JKazy:20180624220532j:plain

 

さぁ、ここからが今日の本番。まずは、手前の笠ヶ岳

 

f:id:JKazy:20180624220607j:plain

 

次に向かうは、朝日岳…この時点で、私は大きなミスを犯していた。

一番高く見えるピークが朝日岳…では、なかった。

これは、1934m大烏帽子!

 

f:id:JKazy:20180624220711j:plain

 

え?嘘でしょ?

(これは、ウソの雄(笑)。 やっと、撮れた!)

 

f:id:JKazy:20180624220853j:plain

 

実は昨秋の白毛門で見た時から思い込んでしまい、この偽ピークに完全に騙されていた。(ま、自分が悪いのだけれど…) 実際の朝日岳は、こちら。1945.2m。

しかし、この勘違いが精神的に与えた影響は大きく朝日岳が遥か彼方に見え、もう辿り着ける気がしなくなってしまった。10時30分まで向かおうと決めて進むも、何だか足取りが重い( ;∀;)

せめて、あの子に会いたい…もう、その一心あるのみ。

 

f:id:JKazy:20180624220944j:plain

 

いた!ホソバヒナウスユキソウ(細葉雛薄雪草)。

一気にテンション上がって、元気復活(´▽`*)

 

f:id:JKazy:20180624221032j:plain

 

 

f:id:JKazy:20180624221245j:plain

 

朝日岳に向かうにつれ、その数は増し…山頂直下は満開の大群落。
あきらめずに、来てよかった~ ♪

 

f:id:JKazy:20180624221330j:plain

 

こちら初見のムシトリスミレ(虫取菫)。食虫植物。

 

f:id:JKazy:20180624221100j:plain

 

朝日岳の先に池塘が点在。

この先を行くときは、馬蹄形を回る時かな…

 

f:id:JKazy:20180624221154j:plain

 

朝日岳から歩いてきた道を振り返る。

今回、日帰りの山歩きでは自己最長トレイル…来たからには、戻らなければ!

 

f:id:JKazy:20180624221412j:plain

 

来るときは先に進むことが優先だったので、戻りながら撮影。

ツマトリソウ(端取草)。

 

f:id:JKazy:20180624221443j:plain

 

アカモノ(赤物)。

 

f:id:JKazy:20180624221541j:plain

 

フデリンドウ(筆竜胆)。

 

<メモ>

酷似種:ハルリンドウフデリンドウ

フデリンドウは雌しべが成熟して雄しべより長くなり、先端が2つに割れる状態になる。

 

 

笠ヶ岳に戻った後は、行程も長くなるので写真撮影は止めて下山に集中。というのも、急斜面な上にザレあり、ぬかるみあり、落葉ありの滑る要素満載。

土合橋の駐車場に辿り着いた時には、ぐったり…

いつか馬蹄形を回ってみたいけれど、それまでに身につけなければならない技術も体力も、まだまだだと思い知る山行となった。

 

<今日のルート>

前橋3:00~土合橋駐車場(WCなし)4:40/4:50~松ノ木沢の頭6:54/7:00~白毛門7:55~笠ヶ岳8:58/9:09~朝日岳10:27/10:40~笠ヶ岳12:02/12:16~白毛門13:05~駐車場15:40

 

<備忘録>

昨秋に比べ、暑さが影響してか歩行ペースが遅くなった。

下山時刻が予定より40分オーバー。出発時間を4時にするべきだった。

 

 

 

jkazy.hateblo.jp

 

 

前橋 不思議な夕暮れ

 

 

 

f:id:JKazy:20180620191833j:plain

 

 

 

職場からの帰り道。

 

ただ空がすごいっていうより

何だか空気そのものが不思議な夕暮れ。