赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

赤城 秋の鍋割山をのんびり散歩

 

2018/10/13

 

f:id:JKazy:20181013160123j:plain

 

久しぶりに我家から一番近い登山口、箕輪の姫百合駐車場へ。

本日は、ゆったり、のんびり、山さんぽ。

 

f:id:JKazy:20181013160201j:plain

 

昨日から急に肌寒くなった。

秋は足早に里へと駆け下りてゆく。

 

f:id:JKazy:20181013160315j:plain

 

赤く色づいたズミ(酢実)の木立が美しい…

 

f:id:JKazy:20181013160358j:plain

 

リンドウ(竜胆)。

 

f:id:JKazy:20181013160445j:plain

 

ススキって、やっぱり秋だなぁって感じる。

 

f:id:JKazy:20181013160513j:plain

 

鍋割山頂のベンチで休もうとしたところ、可愛いお出迎え!

ホオジロかな…初撮影 ♪

 

f:id:JKazy:20181013160551j:plain

 

先日の台風が葉を落としていったのか…

 

f:id:JKazy:20181013160756j:plain

 

もう冬の足音がそこまで聞こえてきているようだ。

 

f:id:JKazy:20181013160820j:plain

 

それでも、これはこれで美しき。

 

 

 

 

 

 

<今日のルート>

 

 

 

 

 

 

 

 

錦秋の浅間山(前掛山)

 

2018/10/8

 

f:id:JKazy:20181009053915j:plain

 

噴火警戒レベルが「1」となり、前掛山までの入山許可が出た浅間山へ出掛けた。

 

f:id:JKazy:20181009053939j:plain

 

早朝の霧の碓氷峠を車で走りながら、昨日の天気予報は外れたのかと心配になる。

歩き始めた時も辺りは霧が立ち込め、時折その切れ間から紅葉が姿を見せた。

 

f:id:JKazy:20181009053956j:plain

 

前日、前橋から見た折には赤城や榛名など周辺の山々にはまったく雲がかかっていなかったが、浅間山の山頂部のみ雲がかかっていた。

風が強いのに…もしかして、噴煙かな?と思っていたので火山館の管理人さんに確認した。

「いや、昨日のは雲だよ。今日は、これから晴れるはず!気を付けて、行っておいで。」との、心強い言葉!

 

f:id:JKazy:20181009213729j:plain

 

立入禁止告示板を通過し、シェルターのところでヘルメットを装着。

前掛山に向かう時の周囲は、ガスに覆われ真っ白だった。

火山館の管理人さんの言葉を信じる…絶対、晴れる!と、思っていると…

ガスが切れ始め、そこにどーーーーんと火口部が!

現在はまだ立入が禁止されているルートも、しっかり確認できた。

 

f:id:JKazy:20181009213802j:plain

 

まるで、異世界

 

f:id:JKazy:20181009064503j:plain

 

どこかの惑星に降り立ったようだ。

 

f:id:JKazy:20181009213904j:plain

 

それとも、地球創世記にタイムトリップか。

 

f:id:JKazy:20181009064545j:plain

 

シェルター、逃げ込むなら左だな。

 

f:id:JKazy:20181009064605j:plain

 

こんなに大きな噴石が飛んでくる…想像を絶する力だ。

 

f:id:JKazy:20181009214012j:plain

 

眼下に広がる錦の絨毯。

姿を現した黒斑山に陽があたり、ますます金色に輝いて見えた。

  

f:id:JKazy:20181009064804j:plain

 

広がる絶景を眺めてゆっくりしたいところだが、三連休の最終日。

道路が渋滞する前に軽井沢を脱出したいと、がまん。

 

f:id:JKazy:20181009064831j:plain

 

でもさ。かっこよすぎるよ、浅間山

何度もカメラを構えて、心の中で叫ぶ…

すごすぎて、先に進めない!

 

f:id:JKazy:20181009064902j:plain

 

カラマツ林の中に戻ってきても

 

f:id:JKazy:20181009064927j:plain

 

それはそれで、また美しく…

 

f:id:JKazy:20181009064953j:plain

 

f:id:JKazy:20181009065020j:plain

 

牙山の岩と紅葉のコラボにつかまり

 

f:id:JKazy:20181009065041j:plain

 

振り返れば、紅葉の先に浅間山

 

f:id:JKazy:20181009065104j:plain

 

後ろ髪をひかれまくり

 

f:id:JKazy:20181009065122j:plain

 

撮ってと言わんばかりの立ち姿…

 

f:id:JKazy:20181009065206j:plain

 

感動の山歩きだった。

撮った写真の選考が大変で、その枚数に笑ってしまった。

 

次回は、黒斑山からJバンドを回ってみたい。

その前に、雪の黒斑山かな。

 

 

 

<今日のルート>

 

 

山行記録はヤマレコでまとめることにしました。

右下の「山行記録のページへ」をクリックしていただければ見られます。  

 

 

北アルプス 紅葉に燃える涸沢

2018/9/27~9/28

 

f:id:JKazy:20180929190239j:plain

 

我家にあるヤマケイJOY2005年秋号で目にした涸沢の紅葉に憧れて…

いつか行きたい、いつか見たいと思い続けて13年。

やっと念願が叶うというのに、歩き始めは雨。

上高地を訪れたのは、幼い次男を背負って徳沢でキャンプしたのが最後。

今日は、テント装備を担いでソロで歩く。

 

f:id:JKazy:20180929190302j:plain

 

最初の計画は2泊3日で北穂高岳にも登る計画だったが、

台風接近に伴い天気予報が目まぐるしく変化…

金曜日は何とか晴れそうだというので、1泊2日涸沢ピストンに予定を変更した。

横尾の橋を渡ると散策路から登山道へ…

Sガレを過ぎたあたりから勾配もきつくなる。

手ごろな岩を見つけては背負ったままザックを預けて、しばし休息。

 

f:id:JKazy:20180929190320j:plain

 

雨は次第に小降りとなり、涸沢に着くころには切れたガスの合間から青空がのぞくことも。

こんな時の空の模様は、神々しく美しい。

 

f:id:JKazy:20180929190341j:plain

 

涸沢ヒュッテのテラス。

テントを設営し、紅葉を愛でながら「おでん」と生ビール…美味しい ♪ 

お約束…ですよね?

 

f:id:JKazy:20180929190400j:plain

 

まだ、少し早かった?

もう少し赤色が欲しいと思うのは贅沢かな('_')

 

f:id:JKazy:20180929190419j:plain

 

あちらに見えるは涸沢小屋。

 

f:id:JKazy:20180929190449j:plain

 

穂高初心者には、山座同定は難しい…

これは北尾根の6峰あたりか…な?

 

f:id:JKazy:20180929190506j:plain

 

で、あれが屏風ノ頭と耳?

 

f:id:JKazy:20180929190524j:plain

 

日の出前、星空や如何にとテントより顔出す。

夜だというのに空が明るい…テントを抜け出してみると穂高の上に煌々と輝く月。

月夜に照らされ浮かび上がる山肌は、昼間の姿と一味違う。

 

f:id:JKazy:20180929190548j:plain

 

月が山の端に沈むころ、今度は朝日が山肌を赤く染めた。

 

f:id:JKazy:20180929190615j:plain

 

写真を撮っていただいた方に、こんな天気に北穂高岳にも登らないなんてもったいないと言われたけれど

今年は、これで十分満足。幸せだ。

楽しみは、小分けがいい。

次は君を目指そう…そう心で約束をする。

 

f:id:JKazy:20180929190634j:plain

 

うーん、北尾根の2峰から6峰?前穂(1峰)〜6峰

 

f:id:JKazy:20180929190657j:plain

 

谷の先に朝日を浴びるは常念岳。 

( 平たいのは横通岳、左の少しギザギザしているのが東大天井とわかさんに教えて頂きました! )

 

f:id:JKazy:20180929190723j:plain

 

ま、ま、前穂高であってる…かな (;'∀')

( 間違っていました(笑) 北穂です:わかさん、Spcial Thanks!)

 

f:id:JKazy:20180929190748j:plain

 

紅葉のトンネルをくぐって、のんびり写真を撮りながら下山開始。

 

f:id:JKazy:20180929190806j:plain

 

昨日は雨も降っていて、俯きかげんに歩いてきたから

ピストンだけど何だか新鮮。

 

f:id:JKazy:20180929190826j:plain

 

f:id:JKazy:20180929190851j:plain

 

f:id:JKazy:20180929190944j:plain

 

まるで赤い宝石…マイヅルソウは実もかわいい。

 

f:id:JKazy:20180929191006j:plain

 

名残惜しく、幾度も振り返ってはカメラを向ける。

 

f:id:JKazy:20180929191026j:plain

 

ヤマハッカ(山薄荷)。

 

f:id:JKazy:20180929191048j:plain

 

山友さんが教えてくれた徳沢の自家製プリンは、すでに売り切れていた。

珈琲ソフトを注文したら、珈琲味のソフトクリームではなく無糖のアイスコーヒーにソフトクリームとシナモンパウダーが乗ってきた。

甘さと程よい苦み…いい意味で予想をを裏切られ、顔がほころぶ。

そのベンチから見た景色。

あえて、そのベンチから…

 

f:id:JKazy:20180929191122j:plain

 

ハルキストではないけれど、何となくノルウェーの森。

 

f:id:JKazy:20180929191148j:plain

 

上高地の水面って鏡のようだ。

そして、モネの庭ってこんな感じなのかなって想像する。

 

f:id:JKazy:20180929191229j:plain

 

バスターミナルに向かう前に、今一度振り返った。

そして、山と出会いと家族に…感謝、感謝。

 

 

<今日のルート> 

 

 

 

 

スピンオフ 長男の旅 ~18歳、秋 AUS~

 

2018/8/24~9/23

オーストラリア語学研修旅行に参加した。

 

f:id:JKazy:20180924093552j:plain

 

こちらのセブンは、ガソリンスタンドと一体型ばかりだ。
単独のものは見かけなかった。

 

f:id:JKazy:20180924055133j:plain

 

ホストマザーから今日は仕事で遅くなると言われて、同じホームステイ先になった友人と学校帰りにドミノピザへ向かった。 

  

f:id:JKazy:20180924055159j:plain

 

The Olive Tree Market

 

f:id:JKazy:20180924055219j:plain

 

f:id:JKazy:20180924055244j:plain

 

f:id:JKazy:20180924055301j:plain

 

シドニー観光

 

f:id:JKazy:20180924055347j:plain

 

f:id:JKazy:20180924055422j:plain

 

f:id:JKazy:20180924093246j:plain

 

f:id:JKazy:20180924093307j:plain

 

ハーバーブリッジのアーチ部分を歩くブリッジウォーク。
高くて手がでない…というより、高所恐怖症のためもとより登る気なし。

 

f:id:JKazy:20180924093332j:plain

  

f:id:JKazy:20180924093413j:plain

 

f:id:JKazy:20180924093434j:plain

 

かの有名な、オペラハウス。

 

f:id:JKazy:20180924093458j:plain

 

f:id:JKazy:20180924093517j:plain

 

オーストラリア版、天橋立て。ネルソン・ベイ周辺。

 

f:id:JKazy:20180924093623j:plain

 

f:id:JKazy:20180924093640j:plain

 

学校から、一度歩いて帰ってみた。

 

f:id:JKazy:20180924093701j:plain

 

変な形のトランス。

 

f:id:JKazy:20180924093727j:plain

 

いつも渡った交差点。

 

f:id:JKazy:20180924093748j:plain

 

朝食は、ほぼこんな感じ。

 

f:id:JKazy:20180924093806j:plain

 

f:id:JKazy:20180924093832j:plain

 

ブラックバット自然保護区

 

f:id:JKazy:20180924093859j:plain

 

走るコアラ!

 

f:id:JKazy:20180924093918j:plain

 

そして、お馴染みのポーズ。

 

f:id:JKazy:20180924093948j:plain

 

ネルソン・ベイ 2回目。

 

f:id:JKazy:20180924094011j:plain

 

イルカ撮影をリベンジしたものの、上手く撮れず。

 

f:id:JKazy:20180924094119j:plain

 

冬でも海辺で遊ぶ子供たち。

 

f:id:JKazy:20180924094146j:plain

 

魚を捌く釣り人からのおこぼれを待つペリカン

 

f:id:JKazy:20180924094215j:plain

 

こんなところにもペリカン

 

f:id:JKazy:20180924094258j:plain

 

f:id:JKazy:20180924094400j:plain

 

ここが、生活した部屋。

 

f:id:JKazy:20180924094509j:plain

 

日本だと電話線と書いてありそうだが、ここではオイルパイプライン!

 

f:id:JKazy:20180924094533j:plain

 

ホームステイ近くの夕景。

 

f:id:JKazy:20180924094553j:plain

 

f:id:JKazy:20180924094615j:plain

 

電車に乗るときは、いつもここ。

 

f:id:JKazy:20180924094634j:plain

 

ホストマザーから教えてもらったブルーマウンテン山脈。

 

f:id:JKazy:20180924094657j:plain

 

教えてもらったのはツアーだったけど、すでにsold out!
ホステルだけネットで予約して、電車とバスを5時間乗り継ぎやってきた。

 

f:id:JKazy:20180924094745j:plain

 

ブッシュウォークは、高所恐怖症には少しつらい…

 

f:id:JKazy:20180924094843j:plain

 

何がひっかいた跡なんだろう。

 

f:id:JKazy:20180924094914j:plain

 

世界で最も急勾配の斜面を走るトロッコ列車、レイルウェイ。
乗車時間は短く「これで、こんなにとられるのか!」というほど高い。
泊まったホステルと同じ値段ぐらいとられた。

 

f:id:JKazy:20180924095044j:plain

 

 

スリーシスターズ

 

f:id:JKazy:20180924095115j:plain

 

夕焼けを見て、ホステルへ。

 

f:id:JKazy:20180924095154j:plain

 

20時から24時まで就寝。南十字星の写真が撮りたくて、再び戻る。

 

f:id:JKazy:20180924095213j:plain

 

左下に、南十字星

一緒にいった友人も、付き合ってくれた。

 

f:id:JKazy:20180924095246j:plain

 

ホステルに一度戻って、3時から4時まで寝て、再び…

 

f:id:JKazy:20180924095307j:plain

 

朝焼け。とにかく寒かった…友人も、よく付き合ってくれたと思う。

 

f:id:JKazy:20180924095333j:plain

  

f:id:JKazy:20180924095520j:plain

 

写真が趣味だと知ったホストマザーが、夕陽が見える場所に連れて行ってくれた。

 

f:id:JKazy:20180924095558j:plain

 

f:id:JKazy:20180924095616j:plain

 

f:id:JKazy:20180924095640j:plain

 

アンザックウォーク  

 

f:id:JKazy:20180924095700j:plain

 

黄色と赤の旗が2本立っていると泳げる印らしい。

 

f:id:JKazy:20180924095853j:plain

 

天然アザラシに遭遇。  

 

f:id:JKazy:20180924095939j:plain

 

f:id:JKazy:20180924100035j:plain

 

観光写真ばかりだが、しっかり勉強もした…と、思う。

いろんな国から語学研修に来ていて、中国人の友人もできた。

日本人はテストはできるが喋れない。

つくづく、喋れなければ始まらないと考えさせらた夏休みだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の気配を求めて歩く女峰山

 

2018/9/13

 

f:id:JKazy:20180914114601j:plain

 

私の住む街にも、秋の風が吹き始めた。

紅葉には早いだろうが、秋の気配を求めて栃木県にある女峰山へ。

 

f:id:JKazy:20180914114624j:plain

 

女峰といえば苺を思い出すが、この女峰山は苺のように甘くはない。

なかなかのロングコースで、日の出とともに歩き始めた。

初っ端からレストハウス脇の1445段ある長い長い階段が待っている。

しかし、日の出の景色が素晴らしく幾度も振り返りながら登っていると

あっという間に小丸山に到達することができた。

 

f:id:JKazy:20180914114645j:plain

 

笹生い茂る高原の先に迎える赤薙山を、まずは行かん。

 

f:id:JKazy:20180914114703j:plain

 

眼下に広がる町並みは日光市かな?

今は亡き、私の父のふるさと。

 

f:id:JKazy:20180914114730j:plain

 

歩いてきた道を振り返れば、その先に光芒降り注ぐ高原山。

 

f:id:JKazy:20180914114748j:plain

 

あの尾根から顔を出しているのは男体山

そして、中央にうっすら小さな小さな富士山が ♪

 

f:id:JKazy:20180914114818j:plain

 

一里ヶ曽根独標あたりから見た秋の空。

 

f:id:JKazy:20180914114835j:plain

 

独標からザレ場を下り、女峰山に向けて登り返しはじめると

さらに秋の気配を感じられた。

 

f:id:JKazy:20180914114852j:plain

 

ナナカマド(七竈)の実が赤く熟して… 

 

f:id:JKazy:20180914114914j:plain

 

向かう女峰山の木々の葉は、黄色へと染まり始めている。

 

f:id:JKazy:20180914114938j:plain

 

f:id:JKazy:20180914115002j:plain

 

足元には染まり始めた草紅葉。

 

f:id:JKazy:20180914115025j:plain

 

あれに見えるは偽ピーク(笑)

山頂は、あの頂の先。

 

f:id:JKazy:20180914115044j:plain

 

緑と黄色のグラデーション。初秋ならではの色合い(*´ω`*)

 

f:id:JKazy:20180914115104j:plain

 

美味しそうに赤く実っているのは、コケモモ(苔桃)かな?

 

f:id:JKazy:20180914115136j:plain

 

女峰山山頂より見た男体山

 

f:id:JKazy:20180914115211j:plain

 

女峰山より延びる稜線の先には帝釈、小真名子、大真名子山

 

f:id:JKazy:20180914115237j:plain

 

夏には白い花で楽しませてくれるゴゼンタチバナ(御前橘)にも、赤い実。

 

f:id:JKazy:20180914115257j:plain

 

ガスが上がってきた。

美しい大鹿落としの下には、氷瀑で有名な雲竜渓谷がある。

 

f:id:JKazy:20180914115318j:plain

 

気の早いナナカマドが、1本だけ緑から美しく紅色へと紅葉し始めていた。

 

f:id:JKazy:20180914115337j:plain

 

夏山とは違う丸く温かい色合いが、山にはもう訪れている。

 

f:id:JKazy:20180914115400j:plain

 

アキノキリンソウ(秋麒麟草)。

ミヤマアキノキリンソウとの違いは、調べてみても区別がつかず…あきらめた('_')

 

f:id:JKazy:20180914115424j:plain

 

女峰山までの登山道脇には、ずっとシャクナゲ(石楠花)が続いている。

花の時期には、きっと見事なことだろう。

 

f:id:JKazy:20180914115446j:plain

 

下山の途中より独標から引き返すソロの若い女性と一緒に、楽しくおしゃべりをしながら下山した。

霧降高原に戻ってきた頃には、すっかり霧の中。

濡れて滑りやすくなった道に足を取られ、すってんころりん。

急途、ザレ場、岩場、なかなかバリエーション豊かなロングコース。

最後の最後まで気を抜かないようにしなくては…と反省した。

 

 

<今日のルート>

自宅(前橋)2:15~霧降高原第3駐車場4:20/5:00~小丸山5:35/5:40~赤薙山6:45/6:55~赤薙奥社跡7:48~一里ヶ曽根独標8:48~水場への分岐9:06~女峰山頂10:25/10:52~水場への分岐11:51~赤薙奥社跡13:03~赤薙山13:48~小丸山14:34~駐車場15:10 

  

 

スマートウォッチの歩行記録が、停止ボタンを押す前から途絶えてる…

何故だろう( ;∀;)

 

 

 

フィルム写真録 『 君が泣く 』

 

f:id:JKazy:20180906224437j:plain

 

 

積み木を積まずにロンパースの中に詰め込んでいびつな形になった腹を自慢げに見せたり

せっかく買ってもらったミニカーをタイヤ交換のつもりかもぎ取ったり

障子の桟はジャングルジムと化し

公園に連れて行けば素っ裸で走り回り

足漕ぎカートで爆走し

水遊びをすればステンレスの滑り台で尻を火傷し

幼稚園に迎えに行けば友などには目もくれずひたすら砂場を掘り続ける姿を目にし

 

君の子育ては、本当に奇想天外で

母は飽きることがなく楽しい子育てができたよ

来年は、いよいよ成人か…

 

なんだか、ちょっと寂しいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西黒尾根より谷川岳~茂倉岳縦走 

 

2018/8/30

 

f:id:JKazy:20180831112252j:plain

 

学生の頃から谷川岳には何度となく訪れているが、ロープウェイを使わずに西黒尾根から登ってみたいという思いが年々フツフツと湧いていた。

今年こそチャレンジしようと計画中、もう一つの思いが湧きおこる…

オキノ耳の先を歩いてみたい!

 

f:id:JKazy:20180831100357j:plain

 

というわけで西黒尾根より谷川岳に登り、一ノ倉岳、茂倉岳と縦走、茂倉新道を下って土樽駅から土合駅まで電車で帰ってくるルートを計画した。

もう計画中からニヤニヤが止まらない…

そう、このルート馬蹄形縦走の下見もかねている。

 

白毛門登山口のある無料駐車場に車を停め、土合橋から滝を眺めて歩き出す。

ロープウェイ乗り場横を通過する自分に気合を入れて、いざ西黒尾根登山口へ!

 

f:id:JKazy:20180831100702j:plain

 

しばらく樹林帯の登山道を歩いていくと、ぽっかりと空いた口。

外に出てみると、景色が開けゴロゴロ岩ゾーンと鎖場へと続いた。

個人的にはしっかりと取り付けられた鎖と置きやすい足掛かりに比較的登りやすさを感じ、恐怖感などはなかった。むしろ薄曇りにもかかわらず湿度が高っかたので、普段あまり汗をかかない私にしては珍しいほど汗をかき、体力を消耗した。

 

f:id:JKazy:20180831100719j:plain

 

巖剛新道との合流点、西黒尾根ガレ沢の頭を過ぎた場所で、ひと休憩。

ハクサンフウロトリカブト、ワレモコウがたくさん咲いていたが、暑さにバテ気味のため写真なし…

 

f:id:JKazy:20180831100745j:plain

 

シャリバテかなぁと、ロープウェイ山頂駅を眺めながらおにぎりをパクつく。

 

f:id:JKazy:20180831100818j:plain

 

山頂がガスガスならトマノ耳から天神平へ下るつもりだったが、そんな心配を吹き飛ばすかのように青空が広がり始める。

雲の向こうに見えるは、白毛門、朝日岳かな?

 

f:id:JKazy:20180831100846j:plain

 

マチガ沢に向かって切れ落ちる岸壁がカッコイイ!

 

f:id:JKazy:20180831100910j:plain

 

ザンゲ岩で再び荷を下ろして休憩。

普段は立ったまま休憩する程度なんだけどなぁと水筒に水の補給。

水の消費もいつもより早く、気にかかる…

 

f:id:JKazy:20180831101001j:plain

 

日本三大急登のひとつとも言われる最後の岩場は、たしかに下から見上げるとバベルの塔のごときではあるが、黄色いペンキに沿って行けば比較的容易に登ることができた。

 

そして、あの見覚えのある指導標が!

 

f:id:JKazy:20180831101031j:plain

 

トマノ耳とオキノ耳を確認す。こみあげる達成感!

 

f:id:JKazy:20180831101131j:plain

 

肩の小屋ごしに伸びる万太郎山への稜線。

その稜線は仙ノ倉岳、平標山へと続いている…

先日、鳳凰三山で出会った女性は、今月下旬にここを歩く計画だと言っていた。

いつか私にも歩けるだろうか…今の自分では、その想像すらできない。

 

f:id:JKazy:20180831101704j:plain

 

トマノ耳は意外にも誰もおらず、独占状態。

平日とはいえ、めずらしいなぁとノビノビしていると天神平方面から人々が登ってくる。

そうか、ロープウェイの始発の時間前だったんだ…

そう気が付くと、西黒尾根から登った御褒美のように感じられ再び嬉しさがこみあげてきた。

 

f:id:JKazy:20180831101738j:plain

 

東京方面からのアクセスもよく、平日休日問わず訪れる人の多い山となった谷川岳

しかし、その光と影が織りなす山肌の荒々しさには恐ろしいほどの惹きつけられるような、突き放されるような美しさがあり息をのむ。

 

f:id:JKazy:20180831102036j:plain

 

次なるミッション達成を果たすべく、まだ見ぬ地に向けて一歩を踏み出す。

奥の院鳥居の先には、一ノ倉岳、茂倉岳。

 

f:id:JKazy:20180831111202j:plain

 

ウメバチソウ(梅鉢草)。

 

f:id:JKazy:20180831111626j:plain

 

説明なんて、いらないね。

 

f:id:JKazy:20180831111802j:plain

 

雄大な山並みを望みながら歩く稜線の足元には、ウメバチソウやコゴメグサが咲き群れる。

 

f:id:JKazy:20180831112026j:plain

 

咲きの残りのハクサンフウロ(白山風露)が、時折アクセントを効かせて…

 

f:id:JKazy:20180831112136j:plain

 

一ノ倉岳手前から多くのクライマーの命を奪ってきた魔の谷…一ノ倉沢を覗き見る。

  

f:id:JKazy:20180831112410j:plain

 

鞍部から見上げる一ノ倉岳。

見た目通り、なかなか手強い登り(笑)。ひぃひぃ言いながら登る。

 

f:id:JKazy:20180831112524j:plain

 

憧れの馬蹄形の稜線!

歩きたい…必ず、歩く。来年、歩く。

待ってろよぉ~ ♪

 

f:id:JKazy:20180831112638j:plain

 

振り返れば、谷川岳

 

f:id:JKazy:20180831112808j:plain

 

進む先には、本日ラストピークの茂倉岳。

まるでビクトリーロード!

 

f:id:JKazy:20180831112921j:plain

 

角度を変えても男前…万太郎山

 

f:id:JKazy:20180831113020j:plain

 

茂倉岳山頂でソロの男性としばし馬蹄形を攻めるなら時計回りか反時計回りか、テン泊か小屋泊まりかで盛り上がる。

もう少し、話を伺いたかったが電車の時間が気になり別れを告げた。

茂倉岳避難小屋まで下ってトイレを借りたが、水場は確認しなかった。今年は枯れた時期もあったようだ。

 

茂倉新道…正直、下山ルートとしてか認識しておらず期待はしていなかったが

このルート、気持ちがいい!

残念ながら途中から霧雨が降り、稜線からの眺めはガスの中へ…

晴れていれば、間違いなく絶景なんだろうなぁ

この景色を見に、また訪れよう…そう心で誓った。

 

f:id:JKazy:20180831113130j:plain

 

お、お、もしや?

一輪だけハクサンイチゲ(白山一華)?

 

f:id:JKazy:20180831113235j:plain

 

さて、いつもの難題。

 

<メモ>
ツリガネニンジンの花は輪生状につくが、ソバナは一本づつ花柄を出し先端に花をつける。
ツリガネニンジンの葉は普通輪生だがソバナは互生。
ツリガネニンジンのガク片は細長く反り返るが、ソバナのガク片は幅広で横に広がる程度。
・ソバナの葉には長い柄があるが、ミヤマシャジンの葉の柄は短く普通互生、稀に対生。 

 

ということは、ツリガネニンジン(釣鐘人参)かな?

 

f:id:JKazy:20180831113335j:plain

 

下山ルート前に広がる湯沢の街並みと関越自動車道

右手に見える足拍子岳は、帰宅後名前を確認。どうやら現在は廃道化しているらしい。

 

矢場ノ頭からの下山道は、木の根が露出し歩きにくいと「山と高原地図」にあったので覚悟をしていたためか、さほど苦にはならなかった。

むしろ、その後に続く粘土質の滑りやすい地面の急斜。

幾人もの滑った踏み跡。気を遣わずにはいられない。

 

あぁ、このペースでは予定の電車に間に合わないな…

しかし、ここで転倒して怪我でもすれば電車に乗れる乗れない以前に大問題だ。

終電車は、もう1本後。

まずは一歩一歩慎重に下ろうと気持ちを切り替えた。

 

f:id:JKazy:20180831113443j:plain

 

下山口からとりあえず走って駅に向かったが、無情にも目の前を電車が通過していった。

先行者は無事に乗車できたようで、何となく気配を感じていた後方者はおそらく下山口に停めてあった自家用車の持ち主であろう。 

 

他に誰もいない待合室の自販機で、迷わずコーラを購入。

くぅぅぅぅ…たまらん。

次の電車までは、2時間半近く。

下山届を送信して、家族に電車に乗り遅れた旨をLINEで伝えた。

 

公共交通機関に乗車する最低限の身だしなみと荷物を整え、はてなブログを読みふけっていると、さほど待ち時間は気にならなかった。

 

それよりも、無人駅の土樽駅から乗車し無人駅の土合駅で降車したため精算方法がわからず、オタオタ…

結局、スマホで運賃を確認して切符入れに投入してきた。

この方法が正解だったとは思えず、モヤモヤ…どうすればいいんだ?JR!

 

このルート、最後の約2時間の下りを覚悟できれば、なかなかいいコース。

是非、再度歩いてみたいと思う。

 

<今日のルート>

自宅(前橋)3:30~関越自動車道利用~白毛門登山口駐車場(無料)4:40/5:06~西黒尾根登山口5:32~ラクダの背7:47~西黒尾根ガレ沢ノ頭7:54~ザンゲ岩9:13/9:20~トマノ耳9:45/9:50~オキノ耳10:07/10:15~奥の院10:25~一ノ倉岳11:29~茂倉岳11:35/12:00~避難小屋12:14/12:25~矢場ノ頭13:25~茂倉新道登山口15:11~土樽駅15:36