赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

雪の谷川岳

2019/1/13

 

f:id:JKazy:20190114144256j:plain

 

鳳凰三山で知り合った女性と約束の再会を果たした。

目指すは、雪の谷川岳

降り立った天神平からは、美しく雄大白毛門。

あの山にも、いつか雪の季節に訪れたい。

 

f:id:JKazy:20190114150155j:plain


残念ながら、谷川岳山頂は雲がくれ。

 

f:id:JKazy:20190114144441j:plain

 

谷川岳には何度も訪れているが、雪の季節に訪れたのは初めてだ。

目に映るすべての景色が新鮮に感じる。

 

f:id:JKazy:20190114144553j:plain

 

トマノ耳で視界ゼロのため、オキノ耳は再訪の楽しみに取っておくことにした。

肩の小屋でしばしの休憩をし、下山。

風に吹きあがる紛雪。その中から時折、稜線が美しく浮かび上がる。

 

f:id:JKazy:20190114144658j:plain

 

谷川岳は、雲が生まれる場所。

生まれた雲は風に乗り、空の表情を目まぐるしく変化させる。

そして、真っ白な雲の間から現れる空は

どこまでも青い。

 

f:id:JKazy:20190114144741j:plain

 

もう下山も終盤といったところ

薄い雲がプリズムとなり太陽の光が反射して

虹色のカーテンが生まれては消え、生まれては消え…

 

私たちは、しばらくその様子を目に焼きつけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

<今日のルート>

 

 

 

 

歩き初めは富士めぐり(朝鮮岩と長者ヶ岳~天子ヶ岳)

2019/1/2

 

f:id:JKazy:20190103102528j:plain

 

本当は上高地へスノートレッキングに行く予定だったが

天気予報が雪のち曇りとあり、せっかく行くなら穂高連峰が見える日にと延期。

 

富士山の撮影ポイントを夫や長男と一緒に巡ることになった。

富士山と車の光跡を撮るために薩埵峠にまずは着いたが、私は興味がわかず車で待機(笑)

続いて、朝鮮岩へ。

蜜柑畑の作業道からナイトハイクすること20分。

じっくり撮影するふたりとは対照的に相変わらず三脚を持たず、手持ちで撮影。

 

f:id:JKazy:20190103103015j:plain

 

朝陽に照らされて輝く富士の姿に

この後予定している山歩きに期待がふくらむ。

 

f:id:JKazy:20190103103533j:plain

 

登山口のある田貫湖へ。

ここで私は降ろしてもらい、長者ヶ岳・天子ヶ岳へ山歩き。

 

f:id:JKazy:20190103103946j:plain

 

長者ヶ岳山頂で富士山を眺めていると、パラグライダーが空中散歩。

どんな景色が見えるんだろうな…

 

f:id:JKazy:20190103104115j:plain

 

富士登山は今まで興味がなかったけれど

1合目から歩いてみたいなぁと思うこの頃…

 

f:id:JKazy:20190103104228j:plain

 

滝やパラグライダーの離陸場を撮影して回ったふたりが迎えに戻って来てくれ

家路につく前に、牛と富士山を撮影。

富士山三昧の一日だった。

 

 

<今日のルート>



 

あけましておめでとうございます

山歩きの記事なのか、家族の記事なのか…

どっちつかずな私のブログらしい始まりとなりました(笑)

箸休めのように読んでいただければ幸いです

本年も よろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Best shots of my life in 2018

  

f:id:JKazy:20180109231657j:plain

1. 前橋 初市

 

  

f:id:JKazy:20180226001828j:plain

2. 前橋 敷島公園

 

 

f:id:JKazy:20180331012009j:plain

3. 前橋 前橋公園

 

  

       f:id:JKazy:20180408155436j:plain

4. 渡良瀬バルーンレース

 

 

f:id:JKazy:20180429215342j:plain

5. 尾瀬 至仏山

 

 

f:id:JKazy:20180503220514j:plain

6. 渡良瀬渓谷鉄道神戸駅付近

 

 

f:id:JKazy:20180526213317j:plain

7. 野反湖 八間山

 

 

f:id:JKazy:20180602215836j:plain

8. 西上州 黒滝山周辺

 

 

f:id:JKazy:20180614233415j:plain

9. 八ヶ岳 本沢温泉付近

 

 

f:id:JKazy:20180616001453j:plain

10. 八ヶ岳 東天狗岳

 

 

f:id:JKazy:20180723235422j:plain

11. 館林 手筒花火

 

  

f:id:JKazy:20180816020146j:plain

12. 立山 雄山

 

 

f:id:JKazy:20180831112808j:plain

13. 谷川連峰 茂倉岳

 

 

f:id:JKazy:20180914114601j:plain

14. 女峰山

 

 

f:id:JKazy:20180929190723j:plain

15. 北アルプス 北穂高岳

 

 

f:id:JKazy:20180929190748j:plain

16. 北アルプス 涸沢

 

 

f:id:JKazy:20181009064605j:plain

17. 浅間山

 

 

f:id:JKazy:20181013160123j:plain

18. 赤城 鍋割山

 

 

f:id:JKazy:20181028231811j:plain

19. 高ボッチ山

 

 

f:id:JKazy:20181105095641j:plain

20. 尾瀬ヶ原

 

 

f:id:JKazy:20181105100348j:plain

21. 尾瀬ヶ原

 

 

f:id:JKazy:20181105100713j:plain

22. 尾瀬ヶ原

 

 

f:id:JKazy:20181209230832j:plain

23. 旧花輪小学校記念館

 

 

f:id:JKazy:20181216202138j:plain

24. 平標山

 

 

f:id:JKazy:20181223115409j:plain

25. 稲含山

 

 

 

 

 

 

今年はソロテンデビューをし、随分山歩きの幅も広がったように思います。

私の山愛に触発されたのか、巻き込まれたのか

少し大人になった子供たちと再びアウトドアを楽しむようにもなりました。

 

長男の写真はこの1年で随分と上手くなり、母としてはうかうかしていられません(・_・;)

 

次男は一人旅で何かを感じ、自分の考えをしっかりと言えるようになりました。

誕生日プレゼントも、いつもなら「欲しいものないから何でもいいや」と言っていたのに

今年はギターが欲しいと…まさかのリクエストにびっくりしましたが、とても嬉しかったです。

 

そんな山歩きと日常の写真ブログを始め、3年の月日が経ちました。

下手な写真と拙い文章ながら、100人以上の方が読者になってくださいました。

ありがとうございます。

 

来年も歩きたい山を自分らしく

素敵だと感じるままにカメラを向けていきたいと思っています。

 

 

 

 

それでは、皆さま。よいお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

赤城 雪山さんぽで登り納め

2018/12/29

 

f:id:JKazy:20181229220012j:plain


今年の登り納めに赤城山へ。

今シーズン最大級の寒波到来で黒檜山や駒ケ岳の山頂は荒れ模様。

 

f:id:JKazy:20181229215759j:plain

 

地蔵岳も風が強そうだ。

ならば、森の中を散歩でもしようと鳥居峠から長七郎へ。

 

f:id:JKazy:20181229215856j:plain

 

森の中は、とっても静か。

 

f:id:JKazy:20181229220044j:plain

 

私らしい登り納め。

 

f:id:JKazy:20181229220142j:plain

 

晴天の青空に輝く霧氷は息をのむほど美しいけれど

心静かに歩く雪道…こんな日もあっていい。

 

f:id:JKazy:20181229220313j:plain

 

地蔵岳にも満開の霧氷。

 

f:id:JKazy:20181229220357j:plain

 

八丁峠から第1スキー場へのルートは好きな場所。

 

f:id:JKazy:20181229220531j:plain

 

覚満淵で前から歩いてきたカメラマンに突然話しかけられる。

「お父さんが遭難するかもって迎えに来たの?」

??????

夫だった( ゚Д゚) 写真を撮りに来たらしい。

「じゃあ、気を付けて」って、それぞれの車が停めてある方へ(笑)

 

f:id:JKazy:20181229220603j:plain

 

今年の嬉しかったことのひとつに、夫が風景写真を再び撮り始めたことがある。

撮りたい場所には納得がいくまで通い詰めるし

三脚を立てて何時間もシャッターチャンスを待つなんて

とてもじゃないけど、私には無理。

だから、結果お互い別行動が増えるわけだけど

私は彼の撮る風景写真が好きだ。

だから、きっと来年もこんな感じの夫婦なんだろうな。

そんなことを考えながら、本年の山歩きはこれにて終了。

 

 

<今日のルート>

 

 

 

 

 

豊稲田姫伝説 稲含山

2018/12/22

 

数年前に榛名の相馬山で会った方から稲含山に伝わる伝説を聞いて
行きたい行きたいと思いつつ、今日まで来ることはなかった。

 

f:id:JKazy:20181223114229j:plain

  

葉を落とした木々にとまる鳥たちの姿を、さえずりを頼りに探しながら歩く。

今年は、野鳥のウソとの出会いが多かったな。

 

f:id:JKazy:20181223114403j:plain

 

何とも慈悲深いお姿。

 

f:id:JKazy:20181223114509j:plain

 

枯れ木も山の賑わい というけれど

つまらないものも無いよりはまし というより

これはこれで美しい。

 

f:id:JKazy:20181223114558j:plain


赤城山。あの麓に我家。

 

ブログ名が文法的におかしいのではないかと思いつつ

何となく愛着がわいてしまい、変更しないことにした。

 

f:id:JKazy:20181223114746j:plain

 

本日、浅間山は雲の中。

 

f:id:JKazy:20181223114827j:plain

 

あの二つコブは先日歩いた鹿岳。手前には四ツ又山。

奥にドーンと構えるテーブルマウンテンは、山座同定に役立つ存在感たっぷりな荒船山

 

f:id:JKazy:20181223200332j:plain

 

遠くに広がる山塊は、八ヶ岳

雪のシーズンも行きたいなぁ…

 

f:id:JKazy:20181223114927j:plain

 

この山の伝説を教えてもらった榛名山

 

f:id:JKazy:20181223114953j:plain

 

稲含山には3つの神社があったが、こちらの社が一番古いものと思われる。

朽ちかけてなお、その存在感と何かの気配を感じた。

 

f:id:JKazy:20181223115022j:plain

 

もともと古事記のような実話と逸話が混在したような伝説が好きだ。

古事記の中にも穀物起源神話があるが

ここに祀られる豊稲田姫は、印度より口に種籾を隠して日本に渡り養蚕や稲作を広めたという。

 

f:id:JKazy:20181223115054j:plain

 

稲の種籾を口に含んだ→稲含み→稲含山

おぉぉ…ロマンを感じますね。

 

f:id:JKazy:20181223115131j:plain

 

しかし、何故こんな山奥に… 

縄文海進で関東平野の多くは湿地だったとはいえ…う~ん

と、そんな答えが出ないことを考えるのも楽しい。それが、伝説のおもしろいところ。

 

f:id:JKazy:20181223115203j:plain

 

神の水と呼ばれる湧水の氷結。

 

f:id:JKazy:20181223115239j:plain

 

駐車スペースには、もう1台停まっていたが

結局、誰に会うこともなく静かな山歩き。

 

f:id:JKazy:20181223115308j:plain

 

駐車場に戻ってから、一番新しい稲含神社を参拝した。

 

f:id:JKazy:20181223115341j:plain

 

冬枯れの植物たち…

 

f:id:JKazy:20181223115409j:plain

 

そこに宿る生命の力強さと美しさ。

 

 

 

 

 

<今日のルート> 

 

 

 

雪の平標山

 

2018/12/16

 

f:id:JKazy:20181216202019j:plain

 

雪山初めに新潟と群馬の県境にある平標山へ。

 

f:id:JKazy:20181216202100j:plain

 

暖冬でスキー場も雪不足だとニュースでは言っていたけれど

ここ数日の寒気到来で、すっかり雪景色。

 

f:id:JKazy:20181216202138j:plain

 

予定では平標山ピストン。

パウダースノーは一歩踏み込むたびに膝まで埋まって

 

f:id:JKazy:20181216202216j:plain

 

この稜線では、腰骨近くまで埋まっていく状態で

タイムアップ…

 

f:id:JKazy:20181216202308j:plain

 

あえなく撤退。

 

f:id:JKazy:20181216202337j:plain

 

それでも気分は上々で

苗場山の綺麗な姿も拝めたし

 

f:id:JKazy:20181216202429j:plain

 

鉄塔まで戻って、熱々のラーメンを作って食べたし

これは、これで良き日なり。 

 

 

 <今日のルート>