赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

晩秋の小野子三山を縦走する

f:id:JKazy:20171117193158j:plain

伊香保温泉の石段から真正面に見える小野子三山。まさに「山」の漢字の象形文字のような山容だ。 

右から小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳と連なっている。 

f:id:JKazy:20171117192122g:plain計画当初は雨乞山から三山を回り林道へ下って駐車場に戻る予定だったが、午後に仕事が入ってしまったので計画変更。高山村の県立ぐんま天文台側にある登山口からピストンすることに。

すでに日の出の時刻は6時台。山道が明るくなる7時に出発した。

f:id:JKazy:20171117192151g:plain

小野子山頂。

煙がたなびき静かに街が起きだす様子は、いつ見てもいいものだ。

もう一方に目をやれば、澄んだ空に浅間山 

f:id:JKazy:20171117192249j:plain

f:id:JKazy:20171117192325j:plain

小野子山から中ノ岳の鞍部へ一気に下る。

帰りは、これを登るんだなぁ…と苦笑いしながら下る、下る。ひたすら下る。

そして、すぐに中ノ岳を登るのだ。

中ノ岳は、あまり眺望がよくない。さらりと通過して、また下る(笑) 


三つ目となる十二ヶ岳へは直登の男坂と巻道の女坂があるが、ここまで来たら男坂!とガツガツと登りつめた。

f:id:JKazy:20171117192423j:plain

360度の眺望!

前回訪れた時も独り占めだったが、今日も私ひとり、この景色を堪能せり。

この寒気で雪が降ったのか上州武尊山も、すっかり冬装束。

f:id:JKazy:20171117192515j:plain

榛名山古墳時代に大噴火した。

この噴火で犠牲になった鎧を着たままの人骨が近年発見され、地元紙で話題となった。その時代、榛名山麓では馬の牧場があり、すでに人々が生活していたのだ。

珈琲を淹れ、 古人もこの景色を見たのではないか…今よりもっと近かった海岸線に、霞を見立てて想像してみる。

タイムスリップしたかのようだ… 

f:id:JKazy:20171117192652j:plain

午後の仕事に出る前に、さすがに着替えはしなくちゃね…

我に返って、来た道を戻った。

そう、ピストンだから帰りも下って下って、登って登って(笑)

最後の小野子山から下山し始める前に振り返ってみると、今朝は雪雲に隠れていた谷川山系が美しく光って見えた。

 

 

 

 

<今日のルート>

小野子山登山口6:50/6:55~小野子山8:07~分岐8:30~中ノ岳8:52~分岐9:05~男坂~十二ヶ岳9:23/9:45~男坂~分岐10:02~中ノ岳10:22~分岐10:43~小野子山11:10~登山口12:00 

 

 

 

十二ヶ岳登山口から十二ヶ岳に登った時の記事はこちら…

jkazy.hateblo.jp

 

 

 

 

フィルム写真録 『 JAZZ Session 』

 

f:id:JKazy:20171115005933j:plain

 

   f:id:JKazy:20171115010009j:plain

 

   f:id:JKazy:20171115010128j:plain

 

 

    ジャズもロックもフォークも

    洋楽も邦楽も何でも雑多に聴く。

 

    でも、ジャズはライヴがいい。

    その空気感がいい。

 

 

   f:id:JKazy:20171115010146j:plain

 

 

 

 

 

西上州 晩秋の立岩を歩く

f:id:JKazy:20171110224412j:plain

 

群馬県の南西部、妙義山荒船山などを有する西上州。

秋は岩峰と紅葉との共演が美しい。

 

秋が終わってしまう前に、以前から行きたかった立岩へ向かった。

 

       f:id:JKazy:20171110224500j:plain

 

スリルと展望の岩峰を縦走する立岩。

歩き始めて間もなく、女性の短い悲鳴が聞こえた気がした。

?と思いながらも歩みを進めると、今度は男性が大声で誰かの名前を呼んでいる…

 

誰か落ちたのか?

 

f:id:JKazy:20171110224547j:plain

 

私の前を行った5,6人のパーティーが、私の後ろを歩いていると思われる仲間を呼んでいただけだった

…まぎらわしい(笑)

 

誤解してドキドキしていた自分が、恥ずかしいやら、おかしいやら。

 

f:id:JKazy:20171110224614j:plain

 

約20mの鎖を使って細く急な岩場を登りつめれば、稜線歩き。

ただ、さすが西上州。

木立があるので、さほど恐怖感は感じなかったが、スッパリと切れ落ちた岸壁の上の細尾根。

個人的には、岩櫃山の天狗の架け橋の方が足がすくんだ気がする。

西立岩山頂からは、黄金色に染まる山並みが美しかった。

 

      f:id:JKazy:20171110224647j:plain

 

鎖、ありますよ(笑)

 

見た目で一瞬ひるんだが、取りついてみればそれなりだ。

足場がかけやすかったからか、自分の度胸がついたのか…

 

      f:id:JKazy:20171110224826j:plain

 

落ち葉のラッセルを楽しみながら、威怒牟畿不動へ。

 

f:id:JKazy:20171110224722j:plain

 

朽ちたお堂側からは、大岩壁から水飛沫となって落ちる滝を、裏から見ることができる。

 

     f:id:JKazy:20171110224754j:plain

 

遠くで猟銃の発砲音が響いた…

里山は長い年月の中で山や川、自然に畏怖と感謝をもって接してきた人々の営みが感じられる。

そんな里山歩きも、私は好きだ。

 

f:id:JKazy:20171110224858j:plain

 

朝は暗かった杉の木立に、陽が差し込んでいる。

古の人々が積んだであろう苔むした石垣を愛おしく感じながら、ふかふかの落ち葉の絨毯を歩く。

 

f:id:JKazy:20171110224919j:plain

 

f:id:JKazy:20171110224947j:plain

 

駐車場の前を素通りして、線ガ滝へ。

 

f:id:JKazy:20171110225012j:plain

 

見上げれば、美しい紅葉!

 

f:id:JKazy:20171110225055j:plain

 

立岩の麓には大上集落がある。

待避場所に車を停め、振り返って立岩の写真を撮った。

川辺の紅葉が美しく、集落の写真も撮りたかったが、いつまでも車を停めておくわけにもいかず後ろ髪をひかれながら立ち去った。

 

f:id:JKazy:20171110225145j:plain

 

 

 

 

<今日のルート>

前橋6:30~線ガ滝駐車場8:15/8:23~立岩直登コース分岐8:28~西立岩10:00/10:25~威怒牟畿不動11:18/11:30~荒船山分岐11:45~立岩直登コース分岐12:15~駐車場12:20~線ガ滝~駐車場

 

 

 

 

 

 

フィルム写真録 『 遊びつかれて 』

 

f:id:JKazy:20171105233955j:plain

 

 

結婚をして、家族が増えて

ファインダーをのぞく自分の目は変わった。

 

 

いつしか日々の忙しさの中で、

次第にカメラを手にする機会さえも減っていった。

 

 

ひとりの時間が持てるようになって

普段はプレゼントなんてしない夫が1台のカメラをくれた。

 

 

ふたたび手にしたカメラ。

あの頃も、今も、やっぱり自分は写真が好きだ。

 

 

 

 

 

 

秋空に富士を望んで歩く大菩薩嶺

f:id:JKazy:20171101232633j:plain

富士山を眺めながら山歩きがしたい…他の方の山ブログを読みながら、去年よりぼんやりそんな願いを持っていた。

しばらくぶりの山歩き。今年も残り2ヶ月となり、どこでそれを叶えようか…そう考えて真っ先に頭に浮かんだのが大菩薩嶺だった。

f:id:JKazy:20171101232657j:plain

今夜は父と長男の誕生日を祝うため、外で食事をすることになっている。今回ばかりは苦手な高速道路を利用しないわけにはいかないようだ。

関越道から圏央道、中央道…ぐったりしながら勝沼ICを下りる。しかし、そこから登山口のある上日川峠までは大好きな山道だ。朝日が差し始めた紅葉の中、車を走らせるのは心地いい。

f:id:JKazy:20171101232721j:plain

7時40分に、峠の駐車場に着いた。平日だというのに、既に車がかなり停まっている。バスからも何組ものハイカーが降りてきた。

歩き始めは、丁度そんな混雑したタイミングになってしまった。登山道が広かったので、ピッチを上げて断りながら先を行かせていただく。

福ちゃん荘の辺りで混雑から抜け出せ、少し落ち着くことができた。

f:id:JKazy:20171101232743j:plain

整備された歩きやすい道。サクサクと歩が進み、1時間ほどで大菩薩峠に到着できた。

稜線に出ると、雲ひとつかかっていないクリアな富士山!

群馬の山からは、とても望めない景色だ。少々の風の強さも、すっかり終盤を迎えた紅葉も、こんな富士山が見られたなら問題なし。大満足!

f:id:JKazy:20171101232801j:plain

だから、みんな同じような写真になっても仕方がない…(笑)

f:id:JKazy:20171101232817j:plain

南アルプスの山々も甲府の街並みの向こうに鎮座している。

鳳凰三山、来年は行きたいなぁ…

f:id:JKazy:20171101232832j:plain

大菩薩嶺の三角点は樹林帯の中で展望はないが風はしのげる。少し迷って、雷岩に戻ってから寒風吹きすさぶ中、富士を目の前に望みながら定番のおにぎりと珈琲を頂いて、唐松尾根を下山した。

 

 

 

 

 

 

<今日のルート>

前橋5:00~高速道路利用~上日川峠駐車場7:40/7:55~福ちゃん荘8:17~富士見山荘8:23~大菩薩峠8:53/9:00~賽の河原9:20~雷岩9:50~大菩薩嶺9:58~雷岩10:05/10:25~福ちゃん荘11:00~駐車場11:20

 

 

 

 

 

 

 

フィルム写真録 『 雨 』

 

f:id:JKazy:20171030014424j:plain

 

 

 

 

 

 山、恋し。

 

 

 

 

 

 

 

フィルム写真録 『 白 to 黒 』

                f:id:JKazy:20171027005619j:plain

 

 

                f:id:JKazy:20171027005848j:plain 

 

 

 

 

私が学生だった頃、敷島公園にあるバラ園の池には白鳥と黒鳥がいた。

 

長巻フィルムのネオパン400を必死に巻いて

部から借りたNikonFMのピント合わせの練習をしに何日も通った。

フィルムをリールに巻くのが、また難しくて…

現像してみたらフィルム同士がくっついていて…はぁぁぁぁぁぁって(笑)

くやしくて、泣きたくなることもあったけど

あの頃、楽しかったな。