赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山や花や家族のこと。

烏帽子岳から群100湯ノ丸・角間山

 

2019/6/21

 

 

f:id:JKazy:20190622120409j:plain

 

 

レンゲツツジの季節に歩きたいと思っていた湯ノ丸山

その前に眺望が良いという烏帽子岳に向かうことにした。

登山口でウェルカムフラワー、満開のズミ(酢実)。

 

 

f:id:JKazy:20190622120443j:plain

 

 

f:id:JKazy:20190622120617j:plain

 

 

空はすでに明るいが、森にさす光はまだ薄い。

昨晩降った雨を身にまとったレンゲツツジ(蓮華躑躅)の姿が妖艶だ。

 

 

f:id:JKazy:20190622120749j:plain

 

 

イワカガミ(岩鏡)の花も、抱えた雨粒が重たそう。

 

 

f:id:JKazy:20190622120822j:plain

 

 

金平糖のようなマイヅルソウ(舞鶴草)の花も、可愛らしい姿を見せている。

 

 

f:id:JKazy:20190622133338j:plain

 

 

たぶん、ウマノアシガタ(馬ノ脚形)。

キンポウゲ科の植物は見わけが難しい。

 

 

f:id:JKazy:20190622133410j:plain

 

 

ヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)。

咲いていた個体もあったことを後で知ることになり、ちょっと残念。

 

 

f:id:JKazy:20190622133444j:plain

 

 

烏帽子岳湯ノ丸山の鞍部に来るまで

あちらこちらで花トラップに引っ掛かり、なかなか進めず時間を費やした。

このままでは計画通りに歩けなくなってしまう。

 

最近よくある気持ちと頭と体が違うベクトルを指すモヤモヤ。

予定の時間はオーバーしていたが、ズミの木の下でザックをおろし石に腰掛けた。

 

まだ、朝早く他に登山者の姿はない。

おにぎりを口にしながら、ぼんやりしていると

一羽のヤマガラがすぐ近くまで降りて来て、ちょこまかと動き回っていた。

 

自分が山で一番したいことは何だろう。

その答えは、やはり写真を撮ることだった。

今日の計画は、ルートを短縮することも可能だ。

計画は遂行できないかもしれない。

でも、気になるものを前に素通りしたくない!

 

気持ちが吹っ切れた。

 

 

f:id:JKazy:20190622133516j:plain



気持ちが落ち着くと不思議なもので、いつも以上に鳥発見。

手持ちのレンズは200mmまで。撮影中は何の鳥かわかっていない(笑)

帰宅後、ズームアップ!

これって、もしやウグイス?

囀りはいつも耳にするものの、目にしたのは初めてだ(*´ω`*)

 

 

f:id:JKazy:20190622133543j:plain

 

 

f:id:JKazy:20190622133736j:plain

 

 

ワレモコウ(吾亦紅)の葉の先にビーズの縁取りのような水玉。

 

 

f:id:JKazy:20190622133619j:plain

 

 

ミツバツツジヤマツツジとは違うみたいだ。ムラサキヤシオ(紫八汐)かな?

 

 

f:id:JKazy:20190622133828j:plain

 

 

まさかここで高山植物の女王に会えるとは!

コマクサ(駒草)。

 

 

f:id:JKazy:20190622134006j:plain

 

 

烏帽子岳から広がる景色に、さらに驚きの声をあげる。

あのトンガリ…紛れもなく槍ヶ岳

 

 

f:id:JKazy:20190622134053j:plain

 

 

烏帽子岳からはいったいどんな景色が見えるんだろう…

雲がその景色を隠してしまう前にと気が焦る。

そんな私を「ここにもいるよ」とハクサンチドリ(白山千鳥)が引き留める。

 

 

f:id:JKazy:20190622134127j:plain

 

 

烏帽子岳からの景色は、やはり最高だった。

妙高山をはじめとする頸城山塊。

 

 

f:id:JKazy:20190622134208j:plain

 

 

よく烏帽子岳に登るという御夫婦に教わった双耳峰の鹿島槍ヶ岳も確認。

もっと空気が澄んだ季節なら、雪を抱いた北アルプスの堂々たる姿が見られることだろう。

 

 

f:id:JKazy:20190622134332j:plain

 

 

今年になって初めましてのゴゼンタチバナ(御前橘)。

 

 

f:id:JKazy:20190622134427j:plain

 

 

カメラがM3になって、鳥の撮影はよくなった。

まだ慣れないけれど、何とかしようとモチベーションがあがる。

 

この子は、ルリビタキの女の子?

 

 

f:id:JKazy:20190622134547j:plain

 

 

ツガザクラ(栂桜)の中に咲くイワカガミが差し色を効かせる。

 

 

f:id:JKazy:20190622134637j:plain

 

 

湯ノ丸山に着くころには計画より30分遅れぐらいまで戻せたので

鍋蓋山までは行かず、角間山まで足を延ばすことにした。

 

振り返ると、湯ノ丸の北峰が見えた。

谷川馬蹄形のアップダウンをイメージして計画を立て、全てを遂行することはできなかったが

今日の山行には満足だった。

 

やっと自分のベクトルがひとつの方向をむいた気がする。

 

 

f:id:JKazy:20190622134750j:plain

 

 

今日は行けなかった鍋蓋山も、その先に見える村上山も

また、挑戦すればいい。

 

だからリベンジではなく、リトライ。

 

 

f:id:JKazy:20190622134906j:plain

 

 

今日は今日の景色。

 

 

f:id:JKazy:20190622134940j:plain

 

 

まるで咲き始めた薔薇のようなコメツガの球果(まつぼっくり)の赤ちゃんにも会えたし。

 

 

f:id:JKazy:20190622135015j:plain

 

 

角間山から今日歩いた峰々を見渡す。

奥が烏帽子岳。手前が湯ノ丸山

 

 

f:id:JKazy:20190622135126j:plain

 

 

森に差し込む光を浴びるレンゲツツジ

 

 

f:id:JKazy:20190622135202j:plain

 

 

深緑色の森の中で、ズミの花が光り輝く。

こんな景色を見せられたら、写真を撮らずにいられない。

 

 

f:id:JKazy:20190622135240j:plain

 

 

ツマトリソウ(端取草)。

なかなか思うように撮れなくて、ここにきてやっと気に入った被写体に出会えた。

 

 

f:id:JKazy:20190622135328j:plain

 

 

牧場の入口で、アイイロニワゼキショウ(藍色庭石菖)。

 

 

f:id:JKazy:20190622135412j:plain

 

 

牧場を抜けるルートで、湯ノ丸のレンゲ平へ。

 

 

f:id:JKazy:20190622135513j:plain

 

 

コンコン平から湯ノ丸山頂を振り返る。

 

 

f:id:JKazy:20190622135556j:plain

 

 

ツツジ平のレンゲツツジは、まだ蕾のようだ。

下山するにしたがって花が開いてゆく。

 

 

f:id:JKazy:20190622135634j:plain

 

 

アマドコロ(甘野老)の流線形の花枝からランプのようについた蕾が美しい。

 

 

f:id:JKazy:20190622135706j:plain

 

 

麓では、くつろぐ牛たち。

 

 

f:id:JKazy:20190622135739j:plain

 

 

赤城の新坂平では数年前より牛の放牧をしなくなり、少しさみしい。

湯ノ丸では、この光景が続くといいなと思う。

ちなみに赤城では「ひつじのショーン」たちが頑張っている。

 

 

f:id:JKazy:20190622190815j:plain

 

 

 

<今日のルート>

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤城 ツツジ咲く鳥居峠から鍋割山

 
2019/6/13

 

 

f:id:JKazy:20190614033129j:plain

 

 

久しぶりに梅雨の中休み。

レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅)の季節を迎えた赤城山

令和になって初めて訪れることにした。

 

 

f:id:JKazy:20190614033158j:plain

 

 

以前に父から軽井沢峠と荒山をつなぐコースがいいと聞いていたが

その時は崖崩れのため通行不可になっていた。

 

貴重な晴れ間だ。

再び歩けるようになったというその道を

ロングコースの計画に練り直して歩こうと思った。

 

 

f:id:JKazy:20190614034526j:plain

 

 

最初のピーク長七郎山に登ると、かつてないほど富士山がはっきりと見えた。

令和になって初めての赤城山歩きに、ふさわしい光景!

 

 

f:id:JKazy:20190614033810j:plain

 

 

波のように重なる山々の光景も、今日はツツジ越し。

 

 

f:id:JKazy:20190614034819j:plain

 

 

茶ノ木畑峠から銚子の伽藍にむかう。

 

 

f:id:JKazy:20190614034852j:plain

 

 

木漏れ日が水玉模様みたい(*´ω`*)

 

 

f:id:JKazy:20190614034929j:plain

 

 

え?と驚くほど小さな小さなアヤメのような花。

ヒメシャガ(姫射干)のようだ。

 

 

f:id:JKazy:20190614034956j:plain

 

 

牛石山へ向かうには、「銚子の伽藍」というゴルジュ手前の沢を渡らなければならない。

渡る場所がゴルジュに近すぎて、

足を流れに取られればウォータースライダーよろしく流れ落ちてしまいそうだ。

 

 

f:id:JKazy:20190614035037j:plain

 

 

荒山高原に出ると、多くの登山者でにぎわっていた。

みな梅雨の晴れ間を満喫しに来たのだろう。

鍋割山へ向かう道から残雪の谷川連峰

 

 

f:id:JKazy:20190614035113j:plain

 

 

ズミ(酢実)かな?と思って撮影していたが、どうも違う。

よくよく調べてハイノキ(灰ノ木)かサワフタギ(沢蓋木)かで迷ったが

ハイノキは「近畿以西の温暖な地を原産とする常緑樹」とあり

サワフタギであろうという結論に至った。

 

 

f:id:JKazy:20190614035144j:plain

 

 

サラサドウダン(更紗満天星)。

この花の名を漢字で書くたびに、美しい名前だと思う。

花の印象にもぴったりだ。

 

 

f:id:JKazy:20190614035221j:plain

 

 

鍋割山は大賑わいだったので、さくっと行って荒山高原まで戻ってきた。

次なるピーク、荒山へ向かう。

 

 

f:id:JKazy:20190614035258j:plain

 

 

鍋割では終盤となりつつあったツツジ

荒山に登り始めると再び鮮やかに咲いている。

ツツジのオレンジ色は森の奥の奥まで点在し

青々とした葉の中で美しく燃えているようだった。

 

 

f:id:JKazy:20190614035338j:plain

 

 

幹が裂け、横たわりながら力強く生きる松。

凄まじいまでの生命力!

 

 

f:id:JKazy:20190614035411j:plain

 

 

荒山で出会った女性と不思議な縁を感じ、その後一緒に鳥居峠まで歩いた。

 

たくさん話をした。しかし、名前すらお互い名乗らなかった。

彼女の足元で揺れるクサタチバナ(草橘)が印象的だった。

 

 

f:id:JKazy:20190614035452j:plain

 

 

車を停めた鳥居峠に戻り

彼女の車が停めてあるという姫百合駐車場に向かう途中で

ツツジが見事に染め上げる見晴山に立ち寄った。

 

 

f:id:JKazy:20190614035527j:plain

 

 

夕刻の光を受けた光景は

私にとっても初めて見るような景色だった。

今日の山歩きは特別なものになった気がすると彼女が言った。

不思議な力に動されたような1日だった。

 

 

 

<今日のルート>

 

 

 


 

jkazy.hateblo.jp

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫からの手紙 no.11

 

f:id:JKazy:20190606222414j:plain

 

 

今月は忙しいんだよって夫が出してきた週末の予定はすべて写真がらみで(笑)

じゃぁ、私は馬蹄形をどこで組むかなって私たち夫婦ではよくある会話で

 

 

f:id:JKazy:20190606222500j:plain

 

 

で、松島の夕景と日の出の写真が例のごとく送られてきて

それはやっぱり自分には撮れないであろう写真で

それはそれで軽い嫉妬を覚えるわけで

 

 

f:id:JKazy:20190606222548j:plain

 

 

夫が言うには写真だけをやってきた人と

彫塑出身の自分には何やら違う視点があるようで

じゃぁ自分は自分の道を模索するだけなのかという結論にいたり

とりあたりM3を使いこなしてやろうじゃないかと思いながら 

思うように撮れなもどかしさ! 

 

 

 

 

 

 

 

両神山 日向大谷から東岳まで歩く

2019/6/1

 

 

f:id:JKazy:20190602053642j:plain

 

 

今年こそは登りたいと思っていた両神山

日向大谷登山口から沢沿いに歩いた。

 

ガクウツギ(額空木)の花が涼しげに揺れている。

 

 

f:id:JKazy:20190602053719j:plain

 

 

森の中は湿度が高く、汗が噴き出してきた。

新緑から深緑へ…夏の訪れ。

 

 

f:id:JKazy:20190602053803j:plain

 

 

メレンゲ(姫蓮華)かな?

 

 

f:id:JKazy:20190602053847j:plain

 

 

登山道脇には大好きなクワガタソウ(鍬形草)がたくさん咲いていた。

カメラをM3に持ち替えてから、再び花のピント合わせが難しくなった。

夫はMFに切り換えればいいというが、液晶画面はピントが合っているかわかりづらいのだ。

Avで絞り優先にし、被写界深度でどこまでピントを合わせるのか判断するべきなんだろうけど

やはり液晶画面で違いを確認するのは難しく

パソコンで写真を確認してから、あらら…と。

やはり思いどおりに撮れるまでは、慣れが必要なようだ。

 

 

f:id:JKazy:20190602053916j:plain

 

 

フタリシズカ(二人静)。

 

 

f:id:JKazy:20190602053958j:plain

 

 

光と影のコントラストが、木々たちの生命力を際立たせる。

 

 

f:id:JKazy:20190602054033j:plain

 

 

奥社の狛犬(狛狼?)。

ガルルルル…

 

 

f:id:JKazy:20190602054136j:plain

 

 

こちらの子は、癒し系。

 

 

f:id:JKazy:20190602054209j:plain

 

 

素敵なお顔。

石彫って、すごい技術だと思う。

 

 

f:id:JKazy:20190602054255j:plain

 

 

中腹からミツバツツジ(三葉躑躅)が、鮮やかだった。

下山時は少し霧が出ていて、その中に浮かぶこのピンク色はなおのこと美しく…

ま、写真には納められなかったんだけど('◇')ゞ

 

 

f:id:JKazy:20190602054322j:plain

 

 

山頂は賑わっていたので、少し先に剣ヶ峰まで進んだ。

あの一番高い山は何だろう…三座同定まったくできず(笑)

 

 

f:id:JKazy:20190602054349j:plain

 

 

剣ヶ峰を下から上がってきた男性ふたり。

後から上がって来た男性が「ここは、鎖もない!」と言っていた。

私も八丁峠方面に向かって東岳まで進んだが、おとなしく巻き道を利用した。

 

 

f:id:JKazy:20190602054419j:plain

 

 

上がって来た沢かな?

 

 

f:id:JKazy:20190602054508j:plain

 

 

東岳まで剣ヶ峰でお会いした男性とおしゃべりしながら歩いた。

父と同じ78歳と伺い、あまりの達者ぶりびっくり。

じゃぁっと手をあげて八丁峠に向かって下山していった。

自分もここまで来られて満足だった。

 

 

f:id:JKazy:20190602054534j:plain 

 

f:id:JKazy:20190602054602j:plain

 

 

撮影時はキジムシロ(雉莚)かと思っていたが葉が違う。

ツルキンバイ(蔓金梅)ではないかと思う。

 

 

f:id:JKazy:20190602054639j:plain

 

 

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)。

 

 

f:id:JKazy:20190602054712j:plain

 

 

ヤマハコベ(深山繁縷)。

 

 

f:id:JKazy:20190602054758j:plain

 

 

ウツギ(空木)。

ウツギは種類も多いが、花の形状も様々だ。

 

 

f:id:JKazy:20190602054831j:plain

 

 

苔むした岩肌は、魅力的だ。

 

 

f:id:JKazy:20190602054905j:plain

 

 

沢の水は、とても透明度が高い。

 

 

f:id:JKazy:20190602054948j:plain

 

 

下山の終盤で控えめに咲くコアジサイ(小紫陽花)を見つけた。

 

 

 

<今日のルート>

 

 

 

 

 

 

ブナの森を歩く 迦葉山から尼ヶ禿山

2019/5/25

 

f:id:JKazy:20190525232911j:plain

 

 

例年であればGWに迦葉山の弥勒寺へ天狗面の奉納と新しい面をお借りしに行くのだが

今年はなかなか都合があわず、今日になってしまった。

 

 

f:id:JKazy:20190525232938j:plain

 

 

夫に車を玉原湖側に回してくれるようお願いし

私は参拝の後、迦葉山から尼ヶ禿山まで縦走して玉原湖へ抜けることにした。

 

 

f:id:JKazy:20190525233044j:plain

 

 

玉原湖近くの沢で新緑の写真を撮る予定だという夫に行ってきますと手を振り

まずは奥ノ院である和尚台へ向かった。

 

 

f:id:JKazy:20190525233201j:plain

 

 

 歩き始めた登山道脇には涼しげに咲くラショウモンカズラ(羅生門蔓)。

 

 

f:id:JKazy:20190526090730j:plain

 


クルマバソウ(車葉草)は、その名のごとく。

覚えやすくていい。

 

 

f:id:JKazy:20190525233517j:plain

 

 

お、今年になって初めましてだね…ギンリョウソウ(銀竜草)。

 

 

f:id:JKazy:20190525233615j:plain

 

 

ほんの2週間前、みなかみ町大峰山に登った時はまだ春らしさが残っていたが

すっかり初夏の装いだ。

 

 

f:id:JKazy:20190525233705j:plain

 

 

荷物をデポして、和尚台へ。

胎内潜りをして和尚台のてっぺんまで伸びる鎖を辿ってきたが

途中で恐怖心に勝てずやめた。無理する必要は何もない。

 

岩の間から美しく裾野を広げる赤城山が見えた。

そういえば、新元号になってからまだ訪れていない。

 

 

f:id:JKazy:20190525233807j:plain

 

 

迦葉山の山頂を踏み、尼ヶ禿山に向かう途中にブナの森。

 

 

f:id:JKazy:20190526091346j:plain

 

 

雪解け水か。

それとも、湧水か。

 

 

f:id:JKazy:20190526091658j:plain

 

 

足元の流れにブナの鮮やかな緑が映り、思わず美しさに歩みを止めた。

 

 

f:id:JKazy:20190525234250j:plain

 

 

春蝉がにぎやかに大合唱している。

鳥たちのさえずりも種々様々。

時折、キツツキがドラミングで忙しくリズムを刻む。

 

 

f:id:JKazy:20190525234400j:plain

 

 

少し終わりかけてはいたが

タムシバがあちらこちらで見られ

 

 

f:id:JKazy:20190525234430j:plain

 

 

新緑の中でその純白さが美しかった。

 

 

f:id:JKazy:20190525234500j:plain

 

 

山歩きで持ち歩いていたEOS M2は軽くてよかったのだが

今回の山歩きから、諸事情によってM3になった。

使いこなせるようになるにはしばらくかかりそうだ。

 

 

f:id:JKazy:20190525234606j:plain

 

 

尼ヶ禿山の山頂からは、大展望が広がっていた。

玉原湖の先には上州武尊の雄大な姿。 

 

 

f:id:JKazy:20190525234746j:plain

 

 

赤城山には、おそらく今日も多くの人が訪れていることだろう。

 

 

f:id:JKazy:20190525234832j:plain

 

 

振り返れば、木々の合間からのぞく谷川岳。 

 

夫が待つ玉原湖へ向かって一気に下山した。

途中、冷たいブナの湧水を汲んでゴクゴクと飲み干した。

そして、木陰に停めた車で昼寝をしていた夫に「ただいま!」と声をかけた。

 

 

 

 <今日のルート>

 

 

 

迦葉山は群100の一座であるが、尼ヶ禿山は入っていない。

榛名 ハルヒル2019

 

f:id:JKazy:20190519183906j:plain

 

 

榛名山で毎年恒例となった自転車ロードレース。

 

 

f:id:JKazy:20190519184007j:plain

 

 

出場する次男の応援に行ってきた。

 

 

f:id:JKazy:20190519184104j:plain

 

 

私たちが撮影に選んだ場所は、最終盤のキツーーーイ登り。

 

 

f:id:JKazy:20190519184147j:plain

 

 

みなさん苦悶の表情で登って来るけど、楽しそう…ドMだね(笑)

 

 

f:id:JKazy:20190519184216j:plain

 

 

次男は予定の時間が過ぎても通過せず心配したが

 

 

f:id:JKazy:20190519184252j:plain

 

 

前の人のメカトラに対応できず落車したらしい。

しかし、怪我なく完走。よかった。よかった。

 

 

f:id:JKazy:20190519190753j:plain

 

 

目標の時間は切れなかったけれど、自己ベストは大幅更新。

よく頑張った! おつかれさま!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭   ’19.5.16

 

f:id:JKazy:20190516111228j:plain

 

 

裏庭のエゴノキが満開になった。

 

 

f:id:JKazy:20190516111256j:plain

 

 

NikonDfにMFのレンズを使用しているものだから

ピントはいつも手で合わせるのだけれど

 

 

f:id:JKazy:20190516111359j:plain

 

 

最近、急速に老眼がすすみ

ピントをドンピシャで合わせられなくなってきた(-_-;)

 

 

f:id:JKazy:20190516111439j:plain

 

 

それでも、絞りを決めて

ファインダーをのぞきピントを合わせる時間が好きだから

 

 

f:id:JKazy:20190516111516j:plain

 

 

まぁ、趣味だし

どこかのフォトコンとかに出すわけじゃなし

味わいってことにしておこうと思う(笑)

 

 

f:id:JKazy:20190516111602j:plain

 

 

このアジサイは「冬紫陽花」と聞いて亡き母からもらったのだけれど

他のアジサイより少し早く咲くくらい。

改めて調べてみたら、室内で育てると冬に咲くという。

 

 

f:id:JKazy:20190516111631j:plain

 

 

しかし、この5月は母が亡くなった月でもあり

初夏のような鮮やかなグリーンの服がよく似合う人だったから

さっぱりとした母の印象と重なるようなところもあり

いいのよ、これでと言われているような気がする。

 

 

f:id:JKazy:20190516111656j:plain

 

 

ブーちゃんは、いつからか我家にあり

何かの折にここに置いたら何となく収まってしまった。

 

 

f:id:JKazy:20190516111728j:plain

 

 

いよいよネモフィラが咲き終わりを迎え

夏の花をいくつか植えた。

めずらしく寄せ植えなどしてみたが、なかなか気に入っている。

 

敷島公園の「春のバラ園まつり」が18日から始まる。

今年は一苗買って植えてみようかと思う。