赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居をかまえ、山だより、花だより

八ヶ岳 白駒池からニュウへ

f:id:JKazy:20170714122720j:plain

めまぐるしく変わる天気予報…明日の休みは何処に行こうかと、前日の夜になっても決まらないでいた。山をやめて古代蓮の写真を撮りに行こうかとも思ったが、何となく気分が乗らない。そんな時、あるヤマレコの題名が目に留まった。

『天気が悪い日は「にゅう」ってことで🎵』

2012年07月15日。だいたい時期も同じだな…そう思って開いてみる。そこには、見覚えのあるアイコン。hiromuさんだ!

これは、もう八ヶ岳が私を呼んでるでしょってことで、行き先はニュウ。

f:id:JKazy:20170714122752j:plain

ハクサンフウロ(白山風露)

前橋を出るときには小雨がぱらついていて、行って雨なら八千穂高原自然園を歩こう…そう思っていた。しかし、八ヶ岳に近づくにつれ青空もちらり。カーステレオからは、学生の頃好きだったChicagoの「Hard to Say I'm Sorry  素直になれなくて」。あの時と同じ、聞いたままをカタカナに直したテキトーな英語で口ずさむ。

f:id:JKazy:20170714122807j:plain

麦草峠の駐車場は、10台ほど停まっていた。身支度を整え、いざ出発。

雨露をまとったシャクナゲ(石楠花)は、虫達にモテモテ。

f:id:JKazy:20170714122822j:plain

吉永小百合のCM効果か…白駒池の駐車場の方から続々と観光客が降りてくる。休日ともなれば、もっと多いだろう。

さすが、八ヶ岳

f:id:JKazy:20170714122843j:plain

白駒池から離れ、苔の森へ入ると、あたりは急に静かになった。ほかに歩く登山者もいない。ここ数日の雨で登山道はぬかるんでいるだろうと思っていたが、その心配はさほどでもなかった。

f:id:JKazy:20170714122900j:plain

森の中は、鳥たちのさえずりが響いていた。人に慣れているのか、あまり姿も隠さない。

このルリビタキは、雌か雄の幼鳥かで迷った。翼角(翼の付け根の部分)に青みがあるので、雄の幼鳥ではないかと思う。     

f:id:JKazy:20170714122918j:plain

青々とした苔に覆いかぶさるように這う根…森は悠々と生命を育んでいる。

f:id:JKazy:20170714122935j:plain

ほかの山で苔むした場所に出ると八ヶ岳のようだと思うことがあるが、実際に訪れてみれば八ヶ岳のそれは別物だ。八ヶ岳八ヶ岳でしかない。 

f:id:JKazy:20170714122947j:plain

f:id:JKazy:20170714123005j:plain

イワツメクサ(岩爪草)

山野草を撮るとき、必ず悩むことがある。咲いている情景を撮るべきか、それとも花そのものの姿を追うべきか…時として、どちらも捨てがたい(笑)

f:id:JKazy:20170714123027j:plain

あの双耳峰は、天狗岳!目指すは今年かな?来年かな?そんな思いを抱きながら、ニュウ山頂で、おにぎりを食べる。

今日のおにぎりは、ふるさと納税の返礼で和歌山県田辺市より頂いた大きな紀州の梅干しいり。美味しい…ふるさと納税、万歳! 

f:id:JKazy:20170714123048j:plain

今日も午後から大気の状態が不安定になるという。麓にあった雲が上昇してきた。その先には、積乱雲。 

f:id:JKazy:20170714123130j:plain

ゴロゴロなり始める前に、下山開始。 

f:id:JKazy:20170714123157j:plain

コケモモ(苔桃) 

f:id:JKazy:20170714123210j:plain

ずっと会いたかったオサバグサ(筬葉草)。機織りの櫛の歯のような部分=筬に葉の部分が似ていることが名前の由来。 

f:id:JKazy:20170714123237j:plain

白駒湿原で、ニホンジカが草を食んでいた。人間を見ても、まったく動じる様子がない。麦草峠では植生を保護するために侵入を防ぐネットのゲートがあったが、なかなか難しいのだろう。

鹿もありがたく食せばいいのだ。どんな調理法が美味しいのだろう…と、思わず考えてしまった。

f:id:JKazy:20170714123255j:plain

f:id:JKazy:20170714123307j:plain

もののけの森…「こだま」が、ひょっこり顔を出しそうだ。 

f:id:JKazy:20170714123330j:plain

f:id:JKazy:20170714123341j:plain

青苔荘の前にベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)の群生。ひとつの薬草で多くの病気に効くことから一薬草というらしい。撮影をしていて、名前を尋ねられたものの答えられなかった…こんな時に、さらっと名前が出てくるようにしたいが、最近の記憶力低下が悩みの種だ。名前とその由来も知ることで、なんとか記憶の助けにしたい…。  

f:id:JKazy:20170714123356j:plain

黒曜の森を抜け、白駒の奥庭でホシガラスが大きな声で鳴いていた。毛が少しぽわっとしている…まだ、幼いのかもしれない。まるで必死に母を呼ぶような声だった。 

f:id:JKazy:20170714123410j:plain

麦草ヒュッテ前でノビネチドリ(延根千鳥) 。

f:id:JKazy:20170714123431j:plain

朝、挨拶をしたハクサンフウロに、ただいまと声をかけ本日おしまい。

 

 

 

 

<今日のルート>

前橋6:10~麦草峠駐車場9:03/9:16~白駒池10:05~白駒荘~ニュウ山頂11:35/12:10~白駒池13:35~青苔荘~駐車場14:30

 

前橋 七夕まつり

f:id:JKazy:20170710002316j:plain

前橋の七夕まつり。

f:id:JKazy:20170710002351j:plain

もともとカメラ片手にぶらぶらしながら、スナップ写真を撮るのが好きだ。

f:id:JKazy:20170710002416j:plain

アーケード街に西日が差し込んで、もあっとした空気が何だか気怠い。

f:id:JKazy:20170710002443j:plain

それでも最近は山や花の写真を撮ることが多かったから、古巣に戻った気分で楽しかった。

f:id:JKazy:20170710002456j:plain

君の撮る写真は意味不明だなんて言われたこともあったけど…

f:id:JKazy:20170710002534j:plain

もう、いいの。好きに撮るから(笑)

f:id:JKazy:20170710002547j:plain

昔、友人と写真展をしたときに、全然知らない人から「あなたの撮る写真、好きです」って言ってもらえた。

f:id:JKazy:20170710002603j:plain

それでいいんだって、今は思ってる。

 

 

おまけ…

 

 

f:id:JKazy:20170710002621j:plain

 

 

 

17年前、同じ七夕まつりで。

あの頃使っていたカメラは、たぶんNikonF3。フィルムはベルビア50って感じかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

尾瀬 花咲く至仏山 <後編>

f:id:JKazy:20170708114526j:plain

朝は涼しく快適だったが、登り始めの樹林帯から蒸し暑い…。

先日、父が山に持っていくといいと分けてくれたクエン酸の粉末を飲み水に混ぜてきた。甘味はなく、さっぱりとして美味しい。クエン酸は疲労回復にも効果があり、筋肉の痙攣などを予防する効果があるらしい。

f:id:JKazy:20170708160927j:plain

ユキワリソウ(雪割草) 

樹林帯を抜けると蛇紋岩の岩の道となる。登山道は昨日まで降っていた雨水の通り道になっていて、滑りやすい。所々木道が崩れかけている場所などもあり、確かに下りに使うには危険だろう。

f:id:JKazy:20170708114049j:plainジョウシュウアズマギク(上州東菊) 

f:id:JKazy:20170708114117j:plainオゼソウ(尾瀬草)  

そこそこ急登な山頂までのコースタイムは、3時間。時折、ベンチが設けられていて、振り返れば尾瀬ヶ原と燧ケ岳が望める。燧ケ岳の左奥には会津駒ヶ岳が見えるはずだが、今日は雲隠れしているようだ。代わりに左に目をやれば、まだ雪残る山々を垣間見ることができた。あれは越後駒ヶ岳か、八海山か…  

f:id:JKazy:20170708114104j:plain

ハクサンイチゲ(白山一華) 

f:id:JKazy:20170708114148j:plain

撮影時はキスミレ(黄菫)かと思っていた。帰宅後、調べてジョウエツキバナノコマノツメ(上越黄花の駒の爪 )という長~い名前だと判明。駒の爪ということは、馬の蹄ということか…どの辺が?(笑)

花の漢字名も併記しているのは、こういう面白さを味わいたいという思いからだったりする。

f:id:JKazy:20170708114209j:plain

ムラサキタカネアオヤギソウ(紫高嶺青柳草) 

こちらもなかなか長い名前。シュロソウ(棕櫚草)に似ていると思っていたら、やはり仲間だった。緑の中で、赤紫色が美しい。我家の庭にもこんな葉色のヒューケラを植えてみようか…結局、スコップは新しいのを買ったことだし(^^ゞ

f:id:JKazy:20170708114226j:plain

山の鼻にあるビジターセンターで頂いた「至仏山マナーブック」によると、蛇紋岩の主成分は鉄とマグネシウムなので、一般的に植物は生育しにくく、ホソバヒナウスユキソウ(細葉雛薄雪草) など特殊で貴重な植物が生育しているそうだ。

ちなみに、このマナーブックは無料だ。山の形成の歴史や主だった植物も紹介されているので、なかなか面白い。初めて至仏山に登る方に、オススメだ。

f:id:JKazy:20170708114254j:plain

ハクサンチドリ(白山千鳥) …かなりひねくれた形だと思うのは私だけだろうか。ひねくれ者同志、親近感を感じていたりする。 

f:id:JKazy:20170708114304j:plain

残雪。小屋の方か…雪切りをしてくださっていた。念のため、軽アイゼンも付けたが雪はすでにシャーベット状で利きが悪い。足をフラットに置くように心掛けた。雪上訓練の知識が、役に立つ。  

f:id:JKazy:20170708114321j:plain

もう1箇所、雪渓上を下る場面があった。こちらはシャベルでステップが切ってあったので、アイゼンは付けず慎重に渡った。

f:id:JKazy:20170708114332j:plain

ショウジョウバカマ(猩々袴) が斜面に群生している場所もあった。なかなか絵にするには難しいけれど、そういう場所に出会うとテンションもあがる。

f:id:JKazy:20170708114346j:plain

イワハタザオ(岩旗竿) 

山頂では20名ほどの登山者が 、昼食をとっていた。私もその中に混じって、持参したワカメ御飯のおにぎりをザックの中から取り出した。その時だった。後ろから「割箸を忘れた!」と叫び声が…見れば、長男といくつも歳のかわらなそうな若い男性がカップ麺を片手に頭を抱えている。何だかほってはおけなくて、いつも予備で持っている割箸を差し出した。

f:id:JKazy:20170708114401j:plain昼食の後、いつものように珈琲を淹れ、デザートの和菓子をいただいてから鳩待峠に向かって下山を開始した。尾瀬ヶ原方面とは反対側にあたる至仏山の表情は、とても力強く素晴らしいものだった。その姿に見入りながら歩いていると、先ほどの割箸の若者が後ろからやってきた。「さっきは、ありがとうございました!」と、さわやかな笑顔と共に礼をのべてくれ、こちらも温かい気持ちになれた。

f:id:JKazy:20170708114416j:plain

これから向かう、小至仏方面。 

f:id:JKazy:20170708114429j:plain

タカネシオガマ(高嶺塩竈

f:id:JKazy:20170708114443j:plain

山の写真を撮ろうとカメラを向けていると、ちょうど赤い帽子とザックの女性が入ってくれた。こんなタイミングに出会うとき、思わず撮りながらニンマリしてしまう。 

f:id:JKazy:20170708114453j:plain

一輪だけ咲いていたタカネバラ(高嶺薔薇) 。

f:id:JKazy:20170708114513j:plain

f:id:JKazy:20170708114602j:plainいくらなんでも7月に桜が咲いているとは思わなかった…ミネザクラ(峰桜/別名:タカネザクラ高嶺桜)  。

f:id:JKazy:20170708114549j:plain

悪沢岳の先に見える笠ヶ岳。気になるなぁ…来年は、あちらに行ってみようか。 

f:id:JKazy:20170708114618j:plain

イワナシ(岩梨) 

先月の浅間隠山で行われた講習会で、下りのストックの使い方が下手だと指摘された。今日は下山で意識しながらストックを使ってみる。突く場所と足の運び方…最初は違和感があったものの、最後には随分スムーズにこなせるようになってきた。これなら、確かに膝への負担が軽減しそうだ。 

f:id:JKazy:20170708114629j:plain

今シーズンは見逃してしまったと思っていたシラネアオイ(白根葵)に会えた。先に撮影している男性がいたので、少し後方で待機していた。撮影を終えた男性が「今日は抜きつ抜かれつ来ましたね」と声をかけてくれる。聞けば度々尾瀬には訪れていらっしゃるようで、ちょっぴりどんな写真を撮っているのか気になった。 

f:id:JKazy:20170708114645j:plain

白い花の場合はシロバナとかつくので、アカハナとかクロバナとかつくのかと思っていたが、エンレイソウ(延齢草) でいいらしい。ということは、この花色が元色ということか…

f:id:JKazy:20170708114659j:plain

シナノキンバイ(信濃金梅) 

鳩待峠に下りてきたら、あれを食べなきゃ …そうそう、花豆ソフト。御当地アイスで色々な味のソフトクリームが出ているが、私の中でナンバーワンは間違いなくこの花豆ソフト。みなさん、ネーミングにひるまず一度ご賞味あれ!

 

 

 

<今日のルート>

前橋4:00~尾瀬第一駐車場(1000円/1日)5:20/5:45~代替輸送バスor乗合タクシー(大人980円・小人490円)~鳩待峠6:10/6:15~山の鼻7:27~ビジターセンター~公衆トイレ~尾瀬ヶ原入口付近~登山口7:55~至仏山山頂11:25/11:55~小至仏山12:55~オヤマ沢田代~原見岩~鳩待峠14:55/15:20~バス~駐車場

花豆ソフトクリーム 400円 

 

 

 

 

 

尾瀬 花咲く至仏山 <前編>

f:id:JKazy:20170707152129j:plain

群馬に住んで27年。尾瀬ヶ原には何度訪れたのかわからないほどなのに、至仏山には一度も登ったことがなかった。7月1日に山開きを迎え、台風一過の青空を期待して出かけてみた。

f:id:JKazy:20170707152149j:plain

ズダヤクシュ(喘息薬種:「ズダ」とは長野地方の方言で喘息のこと。その薬草という意味。)

 

鳩待峠で乗合タクシーから降りると少しひんやりとしたが、長袖シャツ1枚でも寒いと感じるほどではなかった。見慣れた「尾瀬」の看板前を歩きだす。

f:id:JKazy:20170707152203j:plain

至仏山東面登山道は植生保護と利用者の安全確保のため上り専用となっているので、まずは山の鼻へ向かう。

昨夜も雨が降っていた。雨露に朝の光が差し込み、植物が瑞々しく輝いて見えた。

f:id:JKazy:20170707152220j:plain

タカネアオヤギソウ(高嶺青柳草)

f:id:JKazy:20170707152233j:plain

f:id:JKazy:20170707152253j:plain

まるで線香花火のような可憐な姿のカラマツソウ(唐松草)。

f:id:JKazy:20170707152308j:plain

ウワミズザクラ(上溝桜)は満開になるとブラシのようになるという。このくらいの咲き具合が可愛らしくて好き…かな。

f:id:JKazy:20170707152332j:plain

秋には赤い実をつけ、葉も美しく赤く染まるというツリバナ(吊花)。  

f:id:JKazy:20170707152349j:plain

まさかの山の鼻公衆トイレ脇に咲いてたノビネチドリ(延根千鳥)…尾瀬ではハクサンチドリよりも数が少ないそうだ。

至仏山にはトイレがないので、ここが最後のトイレとなる。

f:id:JKazy:20170707152406j:plain

オオナルコユリ(大鳴子百合)

f:id:JKazy:20170707152417j:plain

予定より早く鳩待峠に到着できたので、ワタスゲ(綿菅)の咲く原のほうまで少し足をのばしてみた。 

f:id:JKazy:20170707152436j:plain

湿原の周りを縁取るように咲く白い花はズミ(桷・酸実)。ズミは花の付き方に当たり年と外れ年があるというが、今年はどうやら当たり年のようだ。

f:id:JKazy:20170707152455j:plain

f:id:JKazy:20170707152511j:plain

山の鼻から至仏山登山口に向かう木道の周りには、タテヤマリンドウ(立山竜胆)があちらこちらに空の青さを受けるように咲いていた。 

f:id:JKazy:20170707152608j:plain

タテヤマリンドウに交じって、ピンク色の可愛らしい姿がチラホラ…ヒメシャクナゲ(姫石楠花)だ。 

f:id:JKazy:20170707152639j:plain

ミツガシワ(三柏・三槲)

f:id:JKazy:20170707152655j:plain

クモイイカリソウ(雲居碇草)は花期が比較的早いというが、今年は雪が多かった影響なのか、登山道脇で時折見ることができた。

f:id:JKazy:20170707152734j:plain

花言葉、わたしの心の光…ナツトウダイ(夏灯台)。

f:id:JKazy:20170707152807j:plain

ミヤマキンバイ(深山金梅)。

f:id:JKazy:20170707152624j:plain

f:id:JKazy:20170707152822j:plain

f:id:JKazy:20170707152859j:plain

今日はチングルマ(稚児車)が、水先案内をするかのように行く先々で群生して咲いていた。 

f:id:JKazy:20170707152924j:plain

手前左の花のように花弁が5枚以上あると「大」じゃないから違うのか?と、いつもちょっとしたパニックになるダイモンジソウ(大文字草)。 

f:id:JKazy:20170707152951j:plain

山の鼻から3分の2ほど上がって来たところで、それまで雲がかかっていた燧ケ岳の山頂が姿を現した。来月のハテナのオフ会に参加する時には、あちら側から尾瀬ヶ原越しの至仏山を見たいと思う。

 

 

オフ会の詳細はこちらから…

f:id:hiromu228:20170414105901j:plain 

 

この山歩きは種類も様々に、たくさんの花に出会えた。で、気が付けば膨大な数の写真を撮っていた(汗)。何とか選別したものの、それでもなかなかの枚数になってしまったので、2部構成。よろしければ、後編もおつきあい下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

庭   ’17.7.3

 

 

 

f:id:JKazy:20170703094253j:plain

 

 

 

f:id:JKazy:20170703094352j:plain

 

 

 

 

 

梅雨の晴れ間に、買ってきた花の苗を植えようと庭に出たもののスコップが見あたらない…

探しているうちに蓮の葉の上の水玉が気になり、カメラを持ち出し写真を撮りはじめ…

最初の目的は何処へいった?

なんとかせねば…おーい、スコップ!

 

 

 

 

三国峠から歩く稲包山

f:id:JKazy:20170624185334j:plain

以前から気になっていた稲包山には主に苗場の三国スキー場跡から入るコースと、四万温泉側から入るコース、そしてこの三国峠から入るコースがある。この時期ヒルが大量発生するという四万温泉側からは避け、新潟と群馬の県境であり分水嶺でもある本コースをピストンすることにした。

f:id:JKazy:20170624185405j:plain

登山口からタニウツギ(谷空木)が、早朝の青い空気の中で美しく咲いている。

f:id:JKazy:20170624185349j:plain

カマツカ(鎌柄)? ガマズミ(莢迷) (※コメント欄に、ちょっと面白い話あり)

今日の予定歩行時間は、8時間25分。まずはゆっくり心拍数をあげていく。吸い込まれる早朝の空気は、ひんやりとしていて気持ちいい。

f:id:JKazy:20170624185506j:plain

朝日を浴びて輝くウラジロヨウラク(裏白瓔珞)。

f:id:JKazy:20170624185314j:plain

この山は何本もの送電線がまたがっており、稜線上には巨大な鉄塔がそびえ立っている。のびゆく先には、去年の秋に登った平標山、仙ノ倉山

f:id:JKazy:20170624185619j:plain

梅雨の晴れ間とあって平日でも他に登山者がいるのではと淡い期待を抱いていたが、私の前にも後にも他に人はいなかった。この山域は熊が多い。鉢合わせになることは避けたいと、ピークの先やコーナーなど見通しが悪いところで「行くぞ」「通るぞ」と声をかける。もちろん熊に言葉は通じないだろうが、人の声が一番効果があると以前読んだ新聞に書いてあった。

f:id:JKazy:20170624185636j:plain

この山、地味にきつい。決して緩やかではないアップダウン続きの稜線。覚悟のうえのコース選択だったが、なかなかどうして反骨精神に火をつけてくれる。

f:id:JKazy:20170624185755j:plain

春蝉が、今日もにぎやかだ。 

f:id:JKazy:20170624185812j:plain

送電線の巡視路も枝分かれしてあるからか、静かな山のわりには道がしっかりついている。 

f:id:JKazy:20170624185842j:plain

ミドリユキザサ(緑雪笹)。

f:id:JKazy:20170624185919j:plain

マイヅルソウ(舞鶴草)。 

    f:id:JKazy:20170624190006j:plain

ニガナ(苦菜)。 

f:id:JKazy:20170624190042j:plain

圧巻の送電線。これを建て、管理する人達がいる…そう思うと感動せずにはいられない。 

f:id:JKazy:20170624190134j:plain

f:id:JKazy:20170624190230j:plain

コミネカエデ(小峰楓)。

f:id:JKazy:20170624190246j:plain

f:id:JKazy:20170624190330j:plain

ミツバオウレン(三葉黄蓮)。

f:id:JKazy:20170624190347j:plain

ツマトリソウ(褄取草・端取草) 

f:id:JKazy:20170624190436j:plain

f:id:JKazy:20170624190453j:plain

目玉がぎょろん…ギンリョウソウ(銀竜草)。

f:id:JKazy:20170624190538j:plain

写真を撮りながらも、ほぼ予定歩行時間で山頂到着。自分の歩いてきた道をふりかえる。

別ルートで上がってきている人がいるかと思ったが、山頂もまた自分一人だった。昼食に持ってきたおにぎりを食べながら、帰りの確認をする。もし、登山道で熊に遭遇したらどうするべきか…エスケープルートとして苗場側におりるか、視界も利き電波状況もよい稜線をひとまず戻って再度行くべきか…思えばこれが、虫の知らせだったのかもしれない。

休憩を終え、準備を整えてから「行くぞぉ、通るぞぉ」と3回ほど言いながら歩きだした時、左の林の斜面からガサガサッ、ゴロンゴロン、ガサッガサッと比較的大きな動物が転げ落ちながら逃げていく音!数歩先には、来た時にはなかった動物の足跡。熊で間違いないだろう…この後、私の「行くぞぉ、通るぞぉ」の掛け声が一段と大声になったことは言うまでもない。

f:id:JKazy:20170624190559j:plain

池の平湿原でイワウチワと間違えた、イワカガミ(岩鏡)。 

f:id:JKazy:20170624190645j:plain

帰りも4時間弱の行程。熊との再会は遠慮したいが、焦ってペースをあげバテたり、怪我をしてしまっては大変だ。休憩は鉄塔の下までしないことに決め、できるだけ立ち止まらず行動した。 

f:id:JKazy:20170624190709j:plain

ベニサラサドウダン(紅更紗灯台)が、この山ではサラサドウダンより多く生息しているようだ。 

f:id:JKazy:20170624190729j:plain

ニッコウキスゲ(日光黄萓)が、咲き始めた。夏が来たなぁ…と思う。

f:id:JKazy:20170624190751j:plain

アカモノ(赤物)  

f:id:JKazy:20170624190859j:plain

ミミナグサ(耳菜草)とは何となく違う…ヤマハコベ(深山繁縷) サワハコベ(沢繁縷)かと。

f:id:JKazy:20170624185535j:plain

f:id:JKazy:20170624185605j:plain

ゴゼンタチバナ(御前橘)が群生していた。帰路の最後に迎えた長倉山のきつい登りも、この花が足元で揺れて元気づけてくれた。

f:id:JKazy:20170624190928j:plain

去夏に訪れた苗場山は、雪がまだ残っているようだ。

f:id:JKazy:20170624191001j:plain

今回は間違いないと思う…ナナカマド(七竈)。

f:id:JKazy:20170624191022j:plain

最後に、クワガタの雌に出会う。

f:id:JKazy:20170624191040j:plain

この花の名前は、最後までわからず… (hanarianさんのおかげで、タニギキョウ(谷桔梗)と判明)

 

行動時間は、休憩も含めて約9時間だった。体力的には、まだ余裕がある。しかし、不測の事態も考えれば、1日の行動時間としては、私にとってこれが最大だと考えるべきだろう。翌日、家事も普段どおりこなせたので、宿泊を含む山行もまたしかり。 

 

 

<今日のルート>

(三国トンネル新潟側口そば)駐車場=登山口5:20~三国権現5:55~長倉山6:36~キワノ平ノ頭7:55/8:00~稲包山9:47/10:12~キワノ平ノ頭11:53~長倉山13:02/13:08~三国権現13:42~登山口14:15

 

 

<お知らせ> 

はてなブログ「yamasanpo」のhiromuさんが、素敵なオフ会を企画して下さり、私も参加させていただくことになりました。 御夫婦で参加される方もいるので、私のように女性ひとり参加でも心配いりません。前回の麦草で開かれたオフ会では、冬靴の話も聞けて購入の際にはとても参考になりました。晩夏の尾瀬…いいですよぉ。是非、ご検討ください(^ ^)

 

f:id:hiromu228:20170414105901j:plain 

※hiromuさんの了解を得て、案内を添付させていただきました。

 

 

 

 

浅間隠山 山岳連盟個人会員勉強会

 

f:id:JKazy:20170618185047j:plain

群馬県山岳連盟個人会員の交流登山に参加した。今日の勉強会のテーマはコンパスワーク。ポイント、ポイントで現在地から目的地へコンパスをあてて方向を確認。地形図で進む先の地形を読んでから歩くことは普段から好きでやっているが、コンパスは持ってはいてもなかなか使うことがない。こうした勉強会に参加して、使い方を再確認しておくことはいい機会だったなと思う。コンパースワーク以外でも、道の譲りかた、休憩のしかた、ストックの使いかた、水や行動食のもつべき量の目安…知っていることも、知らないことも、それ自体を知ることに意味があるような気がしている。

f:id:JKazy:20170618185131j:plain

天気はくもり。浅間隠山に登るのはこれで3回目だが、いまだに目の前ドーンの浅間山を見たことがない。今度は冬の季節にしてみようかと、1月に登った方から情報を得る。こうした交流ができることも、楽しめるようになってきた。

f:id:JKazy:20170618185147j:plain

さすがに勝手気ままに写真を撮り歩くわけにはいかないので、頂上での休憩時間に日曜日の人の多さにひるみながら15分程撮影。山頂ではレンゲツツジヤマツツジが霧の中で幻想的に咲いていた。蕾もまだ多く来週も楽しめるだろう。中腹では、サラサドウダンが満開だ。

 

上から、レンゲツツジ(蓮華躑躅)、アヤメ(綾女)、ウマノアシガタ(馬の脚形)

あ、信号機色になっちゃった(笑)

 

 

 

 

 <今日のルート>

二度上峠登山口~浅間隠山~二度上峠登山口

※勉強会のため、時間は省略