読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤城のふもとから山歩き

赤城のふもとに居を構え、写真を撮りながら、ゆったり、のんびり山歩き

晩秋の八ヶ岳 八千穂高原自然園を歩く

f:id:JKazy:20161101003015j:plain

麦草ヒュッテで迎えたオフ会2日目の朝。

日の出前に目が覚めた。雲は厚く、日の出はおろか空も染まりそうにない。

珈琲を淹れようと表に出たが、冬型の気圧配置のわりに意外と暖かで穏やかだった。

f:id:JKazy:20161101003150j:plain

湯を沸かしている間に甘いものが欲しくなり、珈琲をやめてミルクティーにした。

年配の男女8名程のグループが、出発にむけて支度をしている。

f:id:JKazy:20161101003249j:plain

聞けば昨日蓼科から入り、今日は赤岳に向かうのだという。

ひとり薬を飲み忘れていたというので、お水を差し出したら喜んでもらえた。

f:id:JKazy:20161101003427j:plain

しかし、時間が経つにつれ気温がさがり、風も強くなってきた。

オフ会のメンバーもそれぞれ2日目の計画を立てていたようだが、窓の外の様子を見て予定を変更。私も「にゅう」に行く予定を中止した。

朝出発したグループは大丈夫だろうか…少し心配になった。

f:id:JKazy:20161101003534j:plain

それぞれが自分の山の楽しみ方を持っている…だから、話が尽きない。

茅野市側の八ヶ岳が望める素敵なカフェで、オフ会メンバーの楽しい時間の続き。

f:id:JKazy:20161101003621j:plain

お昼頃、それぞれが帰路についた。

八ヶ岳は雲の中だが、麓には青空が広がり始めている。

別荘地あたりのメルヘン街道は紅葉がピーク…やっぱり少し、歩きたいな…

f:id:JKazy:20161101003838j:plain

宿泊した麦草ヒュッテの前を通り過ぎ、八千穂高原自然園の駐車場に車を滑り込ませた。

まずは、食堂で山女魚の唐揚丼をお昼に頂く。薪のストーブの温かさも心地いい。

f:id:JKazy:20161101004038j:plain

自然園の紅葉もピークは過ぎた感じだったが、敷きつめられた落ち葉の絨毯が美しく十分楽しめる。

f:id:JKazy:20161101004405j:plain

私は、誰かと話すと後から不安が押し寄せてくる。

変なこと、失礼なこと言ったんじゃないかな…

あんな言い方しなければよかったな…

f:id:JKazy:20161101003726j:plain

そんな気持ちに押しつぶされそうになった時、ひとり山や公園を歩いていると少しずつ心がほぐされていく。

f:id:JKazy:20161101004544j:plain

20歳頃、学生相手の居酒屋の主人に「鎧を十二単のように纏ってる子だね」と言われたことを思い出した。

f:id:JKazy:20161101081636j:plain

あの頃より、自分はおおらかになった。

f:id:JKazy:20161101081745j:plain

そう思える自分がいる。

f:id:JKazy:20161101081829j:plain

だから、少し自分を許してやろう…

f:id:JKazy:20161101081936j:plain

紅葉の中を歩きながら、そんなことを考えている。

f:id:JKazy:20161101082028j:plain

顔をあげてみれば、唐松の森が美しく輝いているではないか…

f:id:JKazy:20161101082122j:plain

f:id:JKazy:20161101082229j:plain

清々しい気持ちで自然園から出てきた。

f:id:JKazy:20161101082355j:plain

f:id:JKazy:20161101082446j:plain

家に帰ろう。

そうだ。帰って、2日前に仕込んだローストビーフを焼こう。

八千穂高原自然園>

開園期間 平成28年4月23日~11月6日

開園時間 午前8時30分~午後5時(受付4時20分まで)

入園料  大人(16歳以上) 300円 / 小人(小中学生) 150円